ホーム > 産業・まちづくり > 歴史まちづくり > 日本遺産サミットin高知2019について

ここから本文です。

更新日:2020年2月13日

日本遺産サミットin高知2019について

令和元年10月12日、13日の両日、高知県高知市のオーテピア高知図書館、帯屋町アーケードにて、「日本遺産サミットin高知2019」が開催され、鎌倉市も参加いたしました。

台風19号の影響で一部プログラムを変更して開催されましたが、全国から多くの認定団体が集結し、大きな盛り上がりを見せました。

日本遺産サミットについて

「日本遺産(Japan Heritage)」とは、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産」として文化庁が認定するもので、平成27年度の事業創設から令和元年度までに鎌倉市を含む83の地域が認定されています。

日本遺産サミットは、日本遺産の認定地域と国が一体となってその魅力をさらに戦略的・効果的に発信するために、平成28年度から開催されています。

オーテピア図書館

ワークショップが行われたオーテピア高知図書館

 鎌倉のワークショップの様子(VR永福寺)

湘南工科大学長澤研究室にご協力いただき、源頼朝が建てたものの、現在は廃寺となっている永福寺(ようふくじ)の往時の姿を仮想現実(VR)で実感できる「VR永福寺」特別体験を行いました。1日だけの実施でしたが、多くの方に永福寺のVRを楽しんでいただくことができました。

永福寺再現CG

「VR永福寺」で実際に見られる画面の様子

鎌倉のPRブースの様子

賑やかな帯屋町アーケードに設置されたPRブースでは、鎌倉の日本遺産ストーリーや構成文化財の魅力を伝えるポスター、寺社や鎌倉彫などのパネルを掲示し、来場者に鎌倉の歴史的・文化的な魅力を紹介することができました。

PRブース

鎌倉のPRブース

日本遺産に関連する記事

●“「いざ、鎌倉」~歴史と文化が描くモザイク画のまちへ~”の「日本遺産」について

●日本遺産に関するコンテンツについて

 

お問い合わせ

所属課室:歴史まちづくり推進担当  

鎌倉市御成町18-10 本庁舎4階

電話番号:0467-61-3849

メール:rekimachi@city.kamakura.kanagawa.jp