ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 鎌倉市ごみ焼却施設基本計画について

ここから本文です。

更新日:2016年3月28日

鎌倉市ごみ焼却施設基本計画について

 新たな焼却施設の建設に向けた整備事業を進めていくために、「鎌倉市ごみ焼却施設基本計画」を策定しました。

鎌倉市ごみ焼却施設基本計画(平成28年3月)

鎌倉市ごみ焼却施設基本計画

本編(PDF:4,489KB)

資料編(PDF:1,881KB)

 なお、鎌倉市ごみ焼却施設基本計画(案)に誤記がありましたので、下記の2点について修正を行いました。

  • 46ページ表4.3.1 ダイオキシン類の排ガス基準値「0.1」→「1」
  • 93ページ表9.4.1 最下段「(既設炉解体工事)」→「9.施設稼動」

鎌倉市ごみ焼却施設基本計画(案)の意見募集の結果について

 鎌倉市ごみ焼却施設基本計画(案)について、多くのご意見をいただきありがとうごさいました。いただいたご意見の要旨と市の考え方について、次のとおり公表します。

意見募集結果について(PDF:90KB)

意見募集回答表(PDF:640KB)

鎌倉市ごみ焼却施設基本計画(案)の意見募集について(募集期間は終了しました)

 現在、鎌倉市は名越クリーンセンター1施設でごみの焼却を行っています。しかしながら、名越クリーンセンターは老朽化が進んでいるため、平成25年度から基幹的設備改良工事を実施し、概ね10年程度の施設の延命化を図っています。

 今後も、ごみの減量・資源化施策に取り組みながらも、将来にわたり安全で安定したごみ処理を継続していくためには、新たなごみ焼却施設の建設が必要となります。このため、鎌倉市では、新たなごみ焼却施設の建設に向けて準備を進めており、平成25年度には、市民の皆様からご意見をいただき「鎌倉市ごみ焼却施設基本構想」を策定しました。次のステップとして「鎌倉市ごみ焼却施設基本計画」の策定を進めるため、市民の皆様からの意見を募集しました。

意見募集は終了しました。

意見募集の内容(募集期間は終了しました)

鎌倉市ごみ焼却施設基本計画(案)本編

本編(PDF:3,367KB)

資料編(PDF:1,190KB)

鎌倉市ごみ焼却施設基本計画(案)概要版

概要版(PDF:1,691KB)

意見募集チラシ

意見募集チラシ(PDF:164KB)

応募用紙

応募用紙(PDF版)(PDF:95KB)

応募用紙(WORD版)(ワード:39KB)

なお、下記の市施設で、閲覧及び配布を行っています。

市役所本庁1階 環境施設課、名越クリーンセンター、今泉クリーンセンター、笛田リサイクルセンター、深沢クリーンセンター、各支所

意見募集期間(募集期間は終了しました)

平成27年5月20日(水曜日)から平成27年6月22日(月曜日)(期間内必着)

意見の提出方法(募集期間は終了しました)

下記の提出先へ持参・郵送・FAX・Eメールのいずれかでお願いします。

意見書は応募用紙をご利用ください。応募用紙以外の書式でご提出される場合には、住所、氏名、電話番号の記入をお願いします。

電話や窓口での口頭によるご意見はご遠慮ください。必ず書面にてお願いします。

提出先(募集期間は終了しました)

鎌倉市環境部環境施設課(本庁舎1階27番窓口)

〒248-8686 鎌倉市御成町18番10号

FAX番号 0467-23-8700(代表)

Eメールアドレスsiseken@city.kamakura.kanagawa.jp

FAX、Eメールの場合、件名「ごみ焼却施設基本計画の意見募集について」の記載をお願いします。

意見募集期間内に環境施設課に到着(必着)するようにご提出ください。

意見等の公表

受付をした意見と、それに対する市の考え方は、後日公表します。

個別回答はいたしかねますのでご了承ください。

 

鎌倉市ごみ焼却施設基本計画策定のこれまでの取組みについて

平成25年度から、鎌倉市生活環境整備審議会に「鎌倉市ごみ焼却施設基本計画」の策定についての諮問を行い、現在、本基本計画を策定中です。

ごみ焼却施設の現状

現在、本市では、昭和48年に竣工し、稼働後約40年を経過する今泉クリーンセンターと、昭和57年に竣工し、稼働後約30年を経過する名越クリーンセンターの2箇所のごみ焼却施設で、市内より排出される可燃性ごみの焼却を行っています。

両施設とも老朽化が進んでいることとともに、地元町内会との覚書もあり、平成26年度末に今泉クリーンセンターの焼却を停止し、名越クリーンセンターについては、平成24年度から「名越クリーンセンター基幹的設備改良工事」に着手し、平成27年度以降10年程度の施設の延命化を図っています。

しかしながら、建物の老朽化、施設等の耐用年数など様々な課題を抱えており、これ以上、名越クリーンセンターでの焼却を継続していくことは、地元町内会との協定書もあり困難な状況です。

将来にわたり安全で安定したごみ処理を継続していくためには、新たなごみ焼却施設の建設を進めることが本市にとっての命題であることから、新ごみ焼却施設の建設事業に取組むこととなりました。

鎌倉市ごみ焼却施設基本構想

平成24年度から平成25年度にかけて「鎌倉市ごみ焼却施設基本構想」を策定し、鎌倉市のごみ焼却施設のあり方の検討を行ないました。

鎌倉市生活環境整備審議会からの答申(平成27年3月)

平成25年8月20日、鎌倉市生活環境整備審議会へ諮問を行い、平成27年3月16日、答申が行われました。

ここで答申の内容をご覧いただけます。

鎌倉市生活環境整備審議会答申

平成27年答申(PDF:106KB)

鎌倉市ごみ焼却施設基本計画(生活環境整備審議会)

本編1(PDF:2,922KB)

本編2(PDF:2,996KB)

本編3(PDF:1,438KB)

資料編(PDF:1,831KB)

今後の予定

なお、市としては、この答申を受け、ごみ焼却施設の建設候補地を4月中旬頃を目途に1箇所に絞り込んだ後、その結果を反映させた「ごみ焼却施設基本計画」を市の行政計画として位置付けるため、5月頃にパブリックコメントを実施していく予定としています。

鎌倉市ごみ焼却施設用地検討部会における検討結果報告書(平成27年1月)

焼却施設の建設用地について、鎌倉市生活環境整備審議会に市民が参画【審議会委員3名、市民7名(自町連5地区から各1名の推薦、名越CC・今泉CCの地元協議会から各1名の推薦、計10名)】するごみ焼却施設用地検討部会を立ち上げ、市民の方の意見を聴取しながら、「建設候補地」の検討を行ないました。

ごみ焼却施設用地検討部会における報告書がまとまりましたのでお知らせします。

鎌倉市ごみ焼却施設用地検討部会における検討結果報告書

本編1(PDF:2,076KB)

本編2(PDF:3,901KB)

資料編1(PDF:3,968KB)

資料編2(PDF:3,915KB)


 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境部環境施設課

電話番号:0467-61-3625

内線:2347

ファクス番号:0467-23-8700

メール:siseken@city.kamakura.kanagawa.jp