ここから本文です。

展覧会のご案内 - Exhibitions -

開館時間

  • 9時~16時30分(最終入館は16時まで)

展示について

  • 特別展「北斎と肉筆浮世絵の美 ―氏家浮世絵コレクション―」 令和3年1月5日(火)~2月14日(日)
  • 常設展示「鎌倉の仏像」

ご来館時のお願い

  • 受付にて、「入館者カード」のご記入をお願いいたします。
  • 受付の体温確認で37.5℃以上の発熱がある場合は入館できません。また、体調不良が見受けられる場合は、ご入館いただけないこともございますので、予めご了承願います。
  • 過去2週間以内に海外渡航歴のある方や感染者との接触がある方は来館をご遠慮ください。
  • 入館時のマスク着用と手指の消毒をお願いいたします。
  • 「咳エチケット」や「人との間隔2m」にご協力ください。
  • 観覧途中で体調不良を感じられた時は、速やかに館内のスタッフにお知らせください。また、スタッフからお声がけする場合もございます。
  • 観覧時間は1時間を目安としてください。

当面の間、ご利用を中止・制限するもの

  • 学芸員による列品解説
  • 団体向け特別解説の新規受付
  • 受付前の仏像模型展示
  • 椅子のご利用 ※一部ご利用いただけます。

当館の感染予防対策の取組

  • 全職員、マスク(またはフェイスシールド)着用で対応いたします。
  • 全職員の手洗い・手指消毒を徹底します。
  • 館内の消毒・清掃、空調設備による換気を徹底します。
  • 職員の検温、健康状態の確認を毎日行います。

開催中の展覧会  - Current Exhibitions -

特別展 「北斎と肉筆浮世絵の美 ―氏家浮世絵コレクション―」

Special Exhibition "Hokusai and Hand-painted Ukiyo-e"

2021_ujiie  「氏家浮世絵コレクション」は、故・氏家武雄氏が多年にわたり蒐集につとめた肉筆浮世絵コレクションをもとに、同氏と鎌倉市とが協力し、鎌倉国宝館内に設置された公益財団法人です。かつて浮世絵は、その優品が海外に流出する例が多くありましたが、氏家武雄氏は一品制作のため数の少ない肉筆浮世絵の流出防止にはとりわけ心をくだき、その蒐集および保存に尽力されました。

 本コレクションの特色は、全作品が肉筆画であることです。肉筆浮世絵は版画と異なり、絵師自らが直接筆をとった作品です。その美しさは細やかな筆づかいや絶妙な彩色に発揮され、絵師本来の技量を知ることのできる貴重な資料となっています。

 本展は、同コレクションの所蔵する葛飾北斎の作品を中心に、菱川師宣、宮川長春、勝川春章らの肉筆浮世絵の名品を一堂に展観するものです。浮世絵の草創期から幕末に至るまでの各時代の肉筆作品を網羅する本コレクションの誇る美を、この機会にご堪能ください。 

  

  会期
  令和3年1月5日(火)~2月14日(日)

  観覧料
 一般:400円(300円) 小・中学生:200円(100円)  ※(  )内は20名以上団体料金

  開館時間
  9:00~16:30(入館は16:00まで)

  休館日
  1月11日をのぞく月曜日、1月12日(火)

  主催
  鎌倉国宝館(鎌倉市教育委員会)

 主な出品予定作品
  葛飾北斎「酔余美人図」、菱川師宣「桜下遊女と禿図」、鈴木春信「桜花遊君立姿図」、喜多川歌麿「かくれんぼ図」、など約50件  

学芸員による列品解説 (当面の間、中止いたします。) 

  • 毎週土曜日14:00より展示解説を行います。
  • 参加無料(要観覧料)、予約不要です。開始時間に館内にてお待ちください。
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、学芸員はマスク着用のうえ解説を行います。また、参加される方は、学芸員およびほかの参加者の方と1メートル以上の距離を開けるようご協力をお願いいたします。

出品リスト

特別展「北斎と肉筆浮世絵の美 ―氏家浮世絵コレクション―」出品リストはこちら(PDF:151KB)

常設展示「鎌倉の仏像」出品リストはこちら(PDF:128KB)

 令和2年度(2020年度)の展示予定表はこちら(PDF:234KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:文化財部文化財施設課鎌倉国宝館

鎌倉市雪ノ下2-1-1

電話番号:0467-22-0753