ここから本文です。

展覧会のご案内 - Exhibitions -

開催中の展覧会  - Current Exhibitions -

2909poster特別展「国宝 鶴岡八幡宮古神宝」 

National Treasures of Tsurugaoka Hachimangu Shrine

鎌倉の象徴、鶴岡八幡宮は康平6年(1063)に源頼朝5代の先祖である源頼義が鎌倉由比ヶ浜に八幡神を勧請したことを起源とします。

同宮は治承4年(1180)に頼朝が現在の地に遷座した後は、源氏の氏神としてだけでなく、武門の守護神として、または関東の鎮守として現在まで篤い信仰を集めています。

文治3年(1187)より始修されたかつての放生会は、現在は例大祭として毎年9月15日に挙行され、同宮のもっとも重要な祭礼として位置付けられています。

年に一度の本展覧会は、800年の伝統を今に伝えるこの例大祭の時期に合わせて、同宮が守り伝えてきた神宝を一堂に展示します。

本年の展示では、『吾妻鏡』の記述を辿りながら、源氏に尊崇された同宮創建以来の遺宝の数々をご紹介します。

この機会に、鶴岡八幡宮が誇る歴史と美をどうぞごゆっくりご鑑賞ください。

 


 

  •  開催期間 平成29年9月1日(金)~10月15日(日)
  •  開館時間 午前9時~午後4時半(入館は午後4時まで) 
  •  休館日  9月4日(月)、11日(月)、19日(火)、25日(月)、10月2日(月)、10日(火) 
  •  主 催   鎌倉国宝館(鎌倉市教育委員会)
  •  観覧料  一般400円(300円)、小中学生200円(100円) 。( )内は20名以上団体料金。

なお、鎌倉市内の小・中学生と、市内在住の65歳以上の方、または身体障がい者手帳等の交付を受けた方と付き添い1名は無料となりますので、受付で学生証・手帳等を呈示してください。 : 詳細はこちら

 

  • 出品リストはこちら(PDF:129KB)をご覧ください。
  • ちらしはこちら(PDF:658KB)をご覧ください。 
  • 学芸員による列品解説を行います。 期間中の毎週土曜日、各日14時00分より、参加無料(要観覧料)、申込は不要です。
  • 上記以外の日程でも、ご希望の団体には学芸員による特別解説を行います。事前にお申込が必要ですので、電話(0467-22-0753)、メール(kokuhoukan@city.kamakura.kanagawa.jp)等でお問い合わせください。(実施は展覧会の開期中に限ります。また、日時によっては、ご希望に添えない場合もございますので、予めご了承ください。)

 

平常展示「鎌倉の仏像」 - Regular Exhibition : "Buddhist Sculptures in Kamakura"-
naikan

平常展示「鎌倉の仏像」も同時開催します。 (写真:薬師三尊及び十二神将立像)

出品リストはこちら(PDF:124KB)をご覧ください。 

※ 10月15日(日)まで、覚園寺(鎌倉市二階堂)所蔵の「黒地蔵」(重要文化財・木造 地蔵菩薩立像)緊急出陳中です!ぜひこの機会に展示場でご覧ください。

 

 

 年間展示案内 - Schedule -

 ・平成29年度の年間展示予定は平成29年度展示案内(PDF:205KB)をご覧ください。

 About the Exhibitions  (April 2017 - March 2018 )(PDF:114KB)


 

>鎌倉国宝館【HOME】

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:文化財部鎌倉国宝館 

鎌倉市雪ノ下2-1-1

電話番号:0467-22-0753