ホーム > 市政情報 > 行財政改革 > 職員意識調査

ここから本文です。

更新日:2021年4月5日

職員意識調査

現在、本市では、コンプライアンスの強化を最重要課題と位置づけ、職員の意識改革や組織風土の改善を進めています。その一環として、組織風土やリスクマネジメントの取組、ハラスメントの状況及び各種通報制度の認知度等について、問題の端緒を把握するとともに、今後のコンプライアンス推進の活動の検討に資することを目的に、職員意識調査を実施しています。この調査の結果を踏まえ、必要な対策を行っていきます。

調査概要

実施期間 令和2年(2020年)11月16日(月曜日)から11月27日(金曜日)まで
対象者 鎌倉市職員(会計年度任用職員を含み、弁護士、嘱託医等の一部の非常勤職員は除く)
調査票配布数 2,425
有効回答数 2,217
回収率 91.4%

調査結果

令和2年度職員意識調査報告書(PDF:2,344KB)

大久保コンプライアンス推進参与所感(PDF:154KB)

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、下記リンク先から無料ダウンロードしてください。

鎌倉市ホームページについて

お問い合わせ

所属課室:総務部コンプライアンス課コンプライアンス担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-23-3000

内線:2394

メール:compliance@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示