ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 火災予防 > ホテル・旅館等に係る「表示制度」について

ここから本文です。

更新日:2021年9月9日

ホテル・旅館等に係る「表示制度」について

1表示制度の概要

この制度は、ホテル・旅館等の関係者からの申請に基づき、消防本部予防課が審査を行い、消防法令や建築基準法令に定められた防火安全の基準に適合していると認められた建物に対して、消防機関から表示マークを交付する制度です。この表示制度により、ホテル・旅館等の利用者に対し、防火基準への適合性について情報を提供するものです。

2対象となる建物

対象となる建物は、3階建て以上で収容人員が30名以上のホテル・旅館等(複合用途の建物内にホテル・旅館等がある場合を含む。)が対象になります。

 

鎌倉市内の表示マーク交付等事業所一覧(令和3年6月14日現在)

表示マーク交付事業所

事業所名

所在地

マーク

交付日

鎌倉パークホテル 坂ノ下33-6

平成26年

10月1日

相鉄フレッサイン鎌倉大船駅笠間口 大船1-26-5

平成26年

10月1日

ホテルメッツかまくら大船 大船1-2-1

平成26年

10月1日

国家公務員共済組合連合会鎌倉保養所わかみや

由比ガ浜4-6-13

平成26年

10月1日

ホテルメトロポリタン鎌倉 小町1-8-1

令和3年

6月14日

相鉄フレッサイン鎌倉大船駅東口 大船1-22-3

令和3年

6月14日

 

 

防火基準適合通知書交付事業所

事業所名

所在地

鎌倉プリンスホテル 七里ガ浜東1-2-18

 

3表示マークの申請

表示マークの交付(更新)を希望する関係者は、「表示マーク交付(更新)申請書」に以下の書類を添付し、消防本部予防課へ申請を行います。

(1)防火対象物(防災管理)定期点検報告書(写し)

(2)防火対象物(防災管理)定期点検の特例認定通知書(写し)

(3)消防用設備等(特殊消防用設備等)点検結果報告書(写し)

(4)特殊建築物等定期調査報告書(写し)

(5)製造所等定期点検記録表(写し)

(6)その他消防本部が必要と認める書類

すべての書類が必要ではない場合もあるため、申請前に消防本部予防課までお問い合わせ下さい。

4表示マークの審査

消防本部は、申請書と添付書類に基づき、建物が表示基準に適合しているかを審査します。審査は書面審査を基本としておりますが、必要に応じて現地確認を実施します。

《点検項目》

  • 消防法令の基準(防火管理の実施状況、消防用設備等及び危険物施設等の維持管理状況)に適合していること。
  • 建築基準法令の基準(構造・防火区画・階段・避難施設等の状況)に適合していること。

5表示マークの交付

消防本部による審査の結果、基準に適合していると認められた場合は、「表示マーク【銀】」(有効期間1年間)が交付されます。その後、3年間継続して表示基準に適合していると認められる場合は、「表示マーク【金】」(有効期間3年間)が交付されます。

 

表示制度

 

交付された表示マークは、建物の見やすい場所に掲出するほか、ホームページ等に表示マークの電子データを掲出することができます。

 

6表示制度対象外のホテル・旅館等

表示制度に該当しないホテル・旅館等の関係者で、表示基準に適合している旨の通知を受けようとする際は、「防火基準適合通知(更新)申請書」に3表示マークの申請の添付資料を添えて申請し、消防本部の審査の結果、表示基準に適合している場合は、「防火基準適合通知書」を交付します。

7申請書

表示マーク交付(更新)申請書

表示マーク交付(更新)申請書(ワード:18KB)

防火基準適合通知(更新)申請書

防火基準適合通知(更新)申請書(ワード:16KB)

 

お問い合わせ

所属課室:消防本部予防課  担当者名:査察担当

鎌倉市大船3-5-10

電話番号:0467-44-0966

メール:yobou@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示