ホーム > かまくらキッズページ > 市のめざすもの

ここから本文です。

更新日:2021年1月4日

市のめざすもの

「市民憲章」及び「平和都市宣言」を理解して、私たちも市民の一員として、鎌倉市をよりよい街にしていきましょう。

鎌倉市民憲章

昭和48(1973)年11月3日  制定

前文鎌倉は、海と山の美しい自然環境とゆたかな歴史的遺産をもつ古都であり、わたくしたち市民のふるさとです。
すでに平和都市であることを宣言したわたくしたちは、平和を信条とし、世界の国々との友好に努めるとともに、わたくしたちの鎌倉がその風格を保ち、さらに 高度の文化都市として発展することを願い、ここに市民憲章を定めます。

本文

1 わたくしたちは、お互いの友愛と連帯意識を深め、すすんで市政に参加し、住民自治を確立します。

1 わたくしたちは、健康でゆたかな市民生活をより向上させるため、教育・文化・福祉の充実に努めます。

1 わたくしたちは、鎌倉の歴史的遺産と自然及び生活環境を破壊から守り、責任をもってこれを後世に伝えます。

1 わたくしたちは、各地域それぞれの特性を生かし、調和と活力のあるまちづくりに努めます。

1 わたくしたちは、鎌倉が世界の鎌倉であることを誇りとし、訪れる人々に良識と善意をもって接します。

平和都市宣言

昭和33(1958)年8月10日 制定

われわれは、日本国憲法を貫く平和精神に基いて、核兵器の禁止と世界恒久平和の確立のために、全世界の人々と相協力してその実現を期する。多くの歴史的 遺跡と文化的遺産を持つ鎌倉市は、ここに永久に平和都市であることを宣言する。

矢部行一(木版うらら会)
平和を見守る大船観音

大船観音の絵

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示