ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 市長臨時記者会見(令和2年12月20日開催)

ここから本文です。

更新日:2020年12月20日

記者発表資料発表日:2020年12月20日

市長臨時記者会見(令和2年12月20日開催)

【市長説明】

本日は、お忙しいところ急きょお集まりをいただきまして、誠にありがとうございます。

12月17日に教育委員会から記者発表した市立学校における新型コロナウイルス感染症陽性者の発生に関連して、当該学年全員のPCR検査を実施したところ、あらたに、児童11名が陽性と判定されました。
このため、学校での感染拡大状況を重く受け止め、市中感染拡大防止等を最優先に考え、教育委員会とも十分協議を行い、今回、記者会見を開催させていただき、併せて、学校名につきましても公表させていただくことといたしました。
なお、陽性と判明したのは、10才未満の児童であるとともに、学校及び児童、家庭への誹謗中傷、差別的扱い等がないよう万全な対応をしてまいりたいと思いますので、この点につきましては、市民の皆様におかれましては、御理解、御協力を賜りますようお願いします。

それでは、詳細につきましては、教育委員会から説明させます。

 

 

【教育部長】

 

それでは、「鎌倉市立学校における新型コロナウイルス感染症陽性者の発生に対する市の対応について」説明いたします。

お手元の資料「鎌倉市立学校における新型コロナウイルス感染症陽性者の発生について(第2報)」をご覧ください。

1の概要ですが、(1)学校名は、鎌倉市立玉縄小学校でございます。(2)検査結果ですが、まず、12月18日(金曜日)にPCR検査を実施した児童数は92名、教職員数は40名でした。
このうち、今回、陽性が判明したのは、10歳未満の男性6名及び女性5名の計11名でございます。
なお、全教職員からは、陽性結果は出ませんでした。
この18日(金曜日)に実施しましたPCR検査につきましては、校内でマスクの着用等を行っていたため、「濃厚接触者」として実施したものではなく、「学校内で陽性者が発生した場合の集団検査」という位置付けで鎌倉保健福祉事務所から説明を受けております。

次に、2の今後の対応についてですが、陽性判明後、鎌倉保健福祉事務所と協議等をさせていただき、今回も、濃厚接触者としてではなく、集団検査として12月22日(火曜日)に、未検査の全ての児童に対してPCR検査を実施していただくこととなりました。その検査結果については、翌日の23日(水曜日)に判明する予定と聞いております。
このため、明日の21日(月曜日)から検査結果が判明する23日(水曜日)までは、学校の全学年閉鎖することとします。
なお、検査結果によりましては、閉鎖期間を延長する可能性がありますが、鎌倉保健福祉所と再度協議をして決定していきます。

最後に、3のその他ですが、記載のとおり鎌倉保健福祉事務所と連携して、陽性者の行動履歴等に基づき必要な対応を講じております。玉縄小学校の児童、教職員や患者、御家族の人権尊重及び個人情報保護に御理解と御配慮をお願いいたします。
玉縄小学校の保護者を除き、本件に関する問い合わせを学校に対して行うことは御遠慮いただき、下記担当窓口に御連絡いただくようお願いをさせていただいたところでございます。
重ねて今回の学校名公表も踏まえて、患者及び御家族の人権尊重及び個人情報保護に、市及び教育委員会が連携した対応をすることとしておりまして、記載のとおり、市及び教育委員会に相談等の窓口を設けまして、明日、21日(月曜日)から運用を行ってまいりたいと考えております。

なお、学校の消毒につきましては、保健福祉事務所に助言等を得て実施していく予定としています。

以上で、説明を終わります。

 

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示