ここから本文です。

更新日:2020年5月18日

達成基準チェックリスト(27年度)

  • 適用欄…該当コンテンツがあれば「○」(適用)。なければ「-」(非適用)となります
  • 適合欄… ○:「適合」、×:「不適合」

※達成基準項目に該当するコンテンツが無い場合(非適用)は適合「○」となります。

達成基準「A」

番号 検証項目 適合 適用 注記
7.1.1.1 非テキストコンテンツに関する達成基準  
7.1.2.1 収録済みの音声しか含まないメディア及び収録済みの映像しか含まないメディアに関する達成基準 - 対象範囲内に、音声及び映像コンテンツなし
7.1.2.2 収録済み音声コンテンツのキャプションに関する達成基準 - 対象範囲内に、音声コンテンツなし
7.1.2.3 収録済みの映像コンテンツの代替コンテンツ又は音声ガイドに関する達成基準 - 対象範囲内に、音声及び映像コンテンツなし
7.1.3.1 情報及び関係性に関する達成基準  
7.1.3.2 意味のある順序に関する達成基準 ○   
7.1.3.3 感覚的な特徴に関する達成基準  
7.1.4.1 色の使用に関する達成基準 ○   
7.1.4.2 音声制御に関する達成基準 - 対象範囲内に、音声コンテンツなし
7.2.1.1 キーボード操作に関する達成基準  
7.2.1.2 フォーカスに関する達成基準 ○   
7.2.2.1 調整可能な制限時間に関する達成基準 対象範囲内に、該当コンテンツなし
7.2.2.2 一時停止,停止及び非表示に関する達成基準 ○   
7.2.3.1 3回の閃光又は閾値以下に関する達成基準 ○  - 対象範囲内に、閃光なし
7.2.4.1 ブロックスキップに関する達成基準 ○   
7.2.4.2 ページタイトルに関する達成基準 ○   
7.2.4.3 フォーカス順序に関する達成基準  
7.2.4.4 文脈におけるリンクの目的に関する達成基準 ○   
7.3.1.1 ページの言語に関する達成基準 ○   
7.3.2.1 オンフォーカスに関する達成基準  
7.3.2.2 ユーザーインタフェースコンポーネントによる状況の変化に関する達成基準 ○   
7.3.3.1 入力エラー箇所の特定に関する達成基準 - 対象範囲内に、入力エラーなし
7.3.3.2 ラベル又は説明文に関する達成基準 ○   
7.4.1.1 構文解析に関する達成基準

(注)

○ 

 

バリデーションエラーが存在している

状況と対応については下記(注1)

7.4.1.2 プログラムが解釈可能な識別名、役割及び設定可能な値に関する達成基準  

 

(注1)等級A:7.4.1.1 構文解析に関する達成基準 について状況と対応

状況 バリデーションエラーが存在している。

  • FacebookなどSNSのための記事情報を提供する部分が非推奨の記述となっている

対応策

  • SNS対応のための記事情報は必要と考え、このまま記述し、エラーとならない記述が出来るのかを検討していきます。 

達成基準「AA」

番号 検証項目 適合 適用 注記
7.1.2.4 ライブの音声コンテンツのキャプションに関する達成基準 - 対象範囲内に、ライブ音声コンテンツなし
7.1.2.5 収録済みの映像コンテンツの音声ガイドに関する達成基準 - 対象範囲内に、映像コンテンツなし
7.1.4.3 最低限のコントラストに関する達成基準  
7.1.4.4 テキストのサイズ変更に関する達成基準  
7.1.4.5 画像化された文字に関する達成基準  
7.2.4.5 複数の到達手段に関する達成基準 ○   
7.2.4.6 見出し及びラベルに関する達成基準  
7.2.4.7 視覚的に認識可能なフォーカスに関する達成基準  
7.3.1.2 部分的に用いられている言語に関する達成基準 ○   
7.3.2.3 一貫したナビゲーションに関する達成基準 ○   
7.3.2.4 一貫した識別性に関する達成基準  
7.3.3.3 入力エラー修正方法の提示に関する達成基準 ○  - 対象範囲内に、該当コンテンツなし
7.3.3.4 法的義務、金銭的取引、データー変更及び回答送信のエラー回避に関する達成基準 ○  - 対象範囲内に、該当コンテンツなし

 

お問い合わせ

所属課室:共生共創部広報課広報担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示