ここから本文です。

更新日:2021年3月30日

市立小中学校校庭土壌の放射性物質濃度の測定結果

校庭土壌の放射性物質濃度の測定中止のお知らせ

鎌倉市教育委員会では、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故後、児童生徒の授業等活動の安全を確保することを目的に、平成23年(2011年)から小・中学校の校庭土壌の放射性物質濃度の放射線量測定を定期的に実施し、その測定結果をこのホームページで公表してきました。

震災発生から10年が経過する中、平成26年度(2014年度)以降の測定では、国が示している放射性物質濃度に関する基準値を超えない数値で安定しています。

このような状況から、これまで行ってきた放射性物質濃度の測定は中止いたします。

なお、今後、何か事態が変わり、改めて放射性物質濃度の測定を行う必要が生じた場合は、再開いたします。

1.測定の目的

校庭土壌の放射性物質濃度の測定を行うことにより、児童生徒の授業等活動の安全を確保することを目的としています。

2.測定量

300g程度

3.測定機器

ゲルマニウム半導体検出器(山崎浄化センター)

4.測定下限値

10Bq/kg(10Bq/kg未満は「不検出」となります。)

5.測定結果

令和2年度(2020年度)実施分(PDF:103KB)

令和元年度(2019年度)実施分(PDF:109KB)

平成30年度実施分(PDF:100KB)

平成29年度実施分(PDF:100KB)

平成28年度実施分(PDF:100KB)

平成27年度実施分(PDF:140KB)

平成26年度実施分(PDF:68KB)

平成25年度実施分(エクセル:27KB)

平成24年度実施分(PDF:46KB)

平成23年度実施分

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、下記リンク先から無料ダウンロードしてください。

鎌倉市ホームページについて

お問い合わせ

所属課室:教育文化財部学校施設課

電話番号:0467-61-3753

メール:sisetsu@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示