ホーム > 生活資金の貸付について

ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

生活資金の貸付について

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における緊急小口資金等の特例貸付の実施について

 新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業等で生活資金にお困りの方に緊急貸し付けをします。(チラシや対象条件をご参照のうえ、鎌倉市社会福祉協議会へご相談ください)

※令和2年4月30日から本貸付に関して、中央労働金庫でも郵送にて申請の受付が始まりました。詳細は全国ろうきんHP( 外部サイトへリンク )よりお問い合わせください

 チラシ(PDF:342KB)

相談・申請先

 ・鎌倉市社会福祉協議会 

 連絡先 0467-23-1075

 鎌倉市御成町20-21

 鎌倉市社会福祉協議会HP( 外部サイトへリンク )

 ・中央労働金庫

 連絡先 0120-225-755(申請書類の郵送受付窓口) 受付時間:平日9時~17時

 申請書送付先 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-5-15

 全国労働金庫協会HP( 外部サイトへリンク )

厚生労働省 個人向け緊急小口資金等の特例貸付に関する相談コールセンター(相談のみ)

 連絡先 0120-46-1999(受付時間 9時~21時 土日・祝日を含む)

主に休業された方向け(緊急小口資金)

 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の費用の貸し付けを行います。

対象者 

 新型コロナウイルスの影響を受け休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯

貸付上限額

 学校等の休業、個人事業主等の特例の場合:20万円以内

 その他の場合:10万円以内

措置期間

 1年以内

償還期限

 2年以内

貸付利子・保証人の有無

 無利子・不要

主に失業された方等向け(総合支援資金)

 生活再建までの間に必要な生活費用の貸付を行います。

対象者

 新型コロナウイルスの影響を受け収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯

貸付上限額

 二人以上世帯:月20万円以内

 単身世帯:月15万円以内

 貸付期間:原則3か月以内(最長12か月)

措置期間

 1年以内

償還期限

 10年以内

貸付利子・保証人の有無

 無利子・不要

その他

 本制度の利用は、原則インクル相談室鎌倉(鎌倉市生活困窮者自立支援事業)による継続的な支援を受けることが要件となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部生活福祉課援護担当

〒248-8686 鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3958

メール:engo@city.kamakura.kanagawa.jp