ここから本文です。

更新日:2021年4月26日

広報かまくら令和3年度5月1日号2面

いいまちつくろう、カマクライダー

都市計画課交通安全担当…内線2319

交通安全のプロが皆さんの疑問などにお答えします

通常、私は車道の左側を走っていますが、前方に路上駐車があると困ります。右の車の流れに入るのは怖くて、歩道に入ってしまいます。
どうしたらいいの

お困りの件ですが、安全確保のため、やむを得ないときは歩道が使えます。なるべく自転車から降りて、押して歩道を通ってください。

(注)「自転車及び歩行者専用」標識がある歩道は、乗ったまま通れます

幅の狭い道では車が迫ってきて、子どもの右側に接触しそうで、危ないです。後ろや隣の車の様子が分かるように、右ハンドル脇にミラーを付けました。

右後ろの状況が分からないのは、怖いですね。ミラーを付けるなら、自転車のハンドルの幅を目安にして、それを超えない程度のものをブレーキ操作のじゃまにならないように取り付けましょう。

雨の日は、子どもを乗せて自転車には乗りません。でも乗るとしたら、傘は使わないで、レインコートと帽子を着けます。子ども席用の雨除けカバーも用意してあります。

それは、正しい乗り方ですね!

傘を差して乗るのは大変危険なので、乗るときはその方法でお願いします。

運転中、保育園や、帰宅時間を知らせる夫からスマホに連絡がくることがあります。やはり、すぐ確認したいです。どうしたらよいでしょうか。
スマホが大事?命が大事!

スマホが鳴ると、気になりますよね。でも前方から目をそらして事故になるケースが多いのです。スマホを見るなら、安全な場所に自転車を停めてください。

事故防止のため、改めて確認を

大切な3つのルール

  • 道の左側を走ろう
  • 車道を走ろう
  • 運転に集中しよう

ほかにも、ルールはいくつもあります。
気を付けて走りましょう

自転車は道路交通法で「軽車両」に位置付けられています。信号無視・酒酔い運転・歩行者妨害などが、危険行為として規定されています。

ポスターで思い出してグッドマナーのカマクライダーになろう!

特に大切な3つのルールへの協力を呼び掛けています。市内の保育園や幼稚園、子ども支援センターに掲示しています。

保険への加入は義務

事故への備えを忘れずに

自転車関連の交通事故が増加しているため、県では2019年10月、「自転車損害賠償責任保険等」への加入が義務化されました。未加入の人は、速やかに加入を。事故によっては、高額な損害賠償を請求される事例もあります。

保険は、自転車向けのもののほかに、自動車保険や火災保険の特約としての個人賠償責任保険などでもカバーされます。ご確認を。

県くらし安全交通課 電話045-210ー3552

市営駐輪場で新サービス

新規契約で自転車保険をプレゼント

定期利用を提供する市営の駐輪場(10カ所)では、6カ月の定期契約をすると、自転車損害賠償責任保険を付帯するサービスを行っています。このサービスは今年度限定で、来年3月末までの保険が有効となります。これから自転車を購入する人など、この機会にぜひご利用を。詳細は、市都市計画課か各駐輪場へお問い合わせを。

お問い合わせ

所属課室:共生共創部広報課広報担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示