ここから本文です。

更新日:2021年8月4日

広報かまくら平成25年度7月15日号1面

始めてみませんか 省エネ&エコライフ!

環境政策課 電話61-3421

市ではエネルギーの有効利用を促進し、家庭での省エネを応援するため、機器の貸し出しや購入費の助成を行っています。省エネ・エコライフの実践は、地球温暖化防止に役立つほか、経費の節減にもつながります。利用者の声と助成の一部をまとめました。助成などの詳細は市ホームページにも掲載しています。

電力量が数字で見える【省エネナビ】

家全体の電気料金・使用電力量・二酸化炭素排出量の参考値を計測でき、省エネ目標数値を設定できます。

利用者の声

「家全体の使用電力が数字で見えるので、より一層、節電に取り組む気持ちになります」「家族もまめに電気を消すことに協力的になりました」。

電気料金の目安がわかる【エコワット】

コンセントに差し込み、家電製品につなぐだけで電気料金・使用電力量・使用時間・二酸化炭素排出量の参考値を表示します。

利用者の声

「冷蔵庫などの、24時間や1カ月の電気料金を調べることができます」「例えば扇風機なら、強・弱などのモードを変えて、電気料金の違いを確認できます」。

★「省エネナビ」(上)と「エコワット」(下)を、市内にお住まいの人に90日間無料で貸し出しています

燃やすごみを削減【生ごみ処理機】

資源循環課(本庁舎1階)で、一部の非電動型生ごみ処理機(5機種)を、市販価格の約1割で購入できます。

利用者の声

「燃やすごみに出す生ごみの量が減り、ごみ出しが軽く楽になります」。

室内の温度上昇を抑える【緑のカーテン】

市では先月、神奈川県トラック協会から寄贈されたゴーヤの苗やプランターなどを市内の小・中学校などに配布し、緑のカーテンを広めています。

利用者の声

「ゴーヤや朝顔などで壁や窓を覆うと、室内の温度上昇を抑えられます」「エアコンの使用を控えることで消費電力量の削減につながります」。

経費がガソリンの1/3に【電気自動車】

本庁舎の急速充電器を24時間無料で利用できるほか、軽自動車税の免除や、市役所・鎌倉芸術館の駐車料金の免除(要申請)などの制度があります。

利用者の声

「環境政策課の柳沢です。マイカーを電気自動車にしてから、経費がガソリンの1/3程度になりました。停電時には自動車のバッテリーが使えて、炊飯器なども使用できるんです。自宅で4時間ほどでフル充電できます」。

今日からわが家も発電所【太陽光発電システム】

太陽の光で電気をつくります。夏場は昼間の電力消費のピークカットに効果があり、電気代を削減できます。

利用者の声

「発電量が数値で見えるので、電力を大切に使おうという気持ちが強まります」「停電時など、いざという時に発電できる安心感は大きいです」。

鎌倉のエネルギーについて考えよう!ワールド・カフェを開催

市ではこれまで、地球温暖化対策として、省エネルギーや節電対策などに取り組んできました。

しかし、東日本大震災を契機に、エネルギーの重要性があらためて認識されることになりました。

これまでの取り組みに加え、地域の特性に合った独自のエネルギー政策を通じ、エネルギーの安定確保や効率的なエネルギー利用を推し進め、市民生活や産業活動を支えていくことが大きな課題となっています。

そこでワールド・カフェ(※)を開催し、市民の皆さんと今後の市のエネルギーのあり方を一緒に考え、今年度に策定を予定している「鎌倉市エネルギー基本計画」に反映したいと考えています。

  • 8月7日(水曜日)…鎌倉芸術館集会室 午後6時45分~9時30分
  • 対象…市内在住・在勤の人。先着100人
  • 申し込み…7月16日以降に、電話かEメール(件名に「エネルギー・ワールド・カフェ参加」と記載)で環境政策課(kankyo@city.kamakura.kanagawa.jp)へ

※カフェのような雰囲気の中で、小グループを作り、メンバー交換しながら会話し、新たな発想を生み出す話し合い

 

お問い合わせ

所属課室:共生共創部広報課広報担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示