ここから本文です。

更新日:2022年1月17日

広報かまくら平成25年度2月1日号3面

市・県民税の申告

市民税課 電話61-3921

平成26年度の市民税と県民税の申告を受け付けます(下表)。期間中は支所に受付ポストを設置しますので、提出にご利用ください。平日閉庁後と土・日曜日、祝日は本庁舎守衛室に受付ポストを設置しています。

【申告が必要な人】

26年1月1日現在市内に住み、25年1月1日~12月31日の所得内容(生活状況)が次のいずれかに該当する人。ただし25年分の所得税の確定申告をする人は必要ありません。

  • 勤務先から市に、給与支払報告書が提出されていない人
  • 給与以外の所得(株式配当・家賃収入・年金など)があった人
  • 2カ所以上から給与の支払いを受けているが、確定申告をする必要がない人
  • 公的年金などの収入金額が400万円以下の人のうち、社会保険料控除・医療費控除などを受けようとする人
  • 税法上の扶養親族(年間の所得が38万円以下の人)ではない人
  • 市外に居住する人の扶養親族になっている人
  • 市外に居住しているが、市内に事務所・事業所または家屋敷がある人(転勤などで市外に居住し、家族が市内に居住している場合も)
  • 25年中に収入はなかったが、国民健康保険・後期高齢者医療制度・介護保険に加入していて、保険料の軽減を受けようとする人および20歳前の傷病による障害基礎年金または遺族年金を受給している人

【申告に必要なもの】

  • 印鑑
  • 所得の証明となる資料(源泉徴収票・収支明細書・支払証書など)
  • 生命保険料・地震保険料などの控除を受ける人→その証明書
  • 医療費控除を受ける人→その領収証
  • 障害者控除を受ける人→身体障害者手帳・療育手帳など
  • 国民年金保険料の控除を受ける人→日本年金機構発行の証明書

【申告書の作成について】

市ホームページから、「市・県民税申告書作成ツール(鎌倉市様式)」が入手できるようになりました。エクセルファイルになっており、パソコンで申告書を作成できます。ご活用ください。

また、「平成26年度市民税・県民税の申告について」のパンフレットも入手できます。

※作成ツールは、エクセルがインストールされている環境でのみ使用可能です

市・県民税の申告受付会場

  • 大船行政センター…2月4日(火曜日)・2月5日(水曜日)9時00分~12時00分・13時00分~16時00分
  • 深沢行政センター…2月6日(木曜日)9時00分~12時00分・13時00分~16時00分
  • 玉縄行政センター…2月7日(金曜日)9時00分~12時00分・13時00分~16時00分
  • 腰越行政センター…2月12日(水曜日)・13日(木曜日)9時00分~12時00分・13時00分~16時00分
  • 市役所講堂(第3分庁舎)…2月17日(月曜日)~3月17日(月曜日)※ 9時00分~12時00分・13時00分~16時30分

※…2月23日を除き、土・日曜日は休み。休日の駐車場は有料の市民駐車場になりますので、ご注意を

社会保険料は所得から控除できます

問い合わせは各担当へ

平成25年中に納付した次の保険料(未納分をさかのぼって納めた場合も含む)は、市・県民税の申告や確定申告時に「社会保険料」として所得から控除できます。

控除の対象は、本人および同一生計の親族の保険料です。ただし、特別徴収(年金から天引き)された保険料は、徴収元の年金を受給している本人だけが、控除を申告できます。

国民年金

免除期間分を追納した場合や国民年金基金の掛け金も控除の対象となります。

申告時に、納付額を証明する「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」を添付または提示してください。

25年1月1日~9月30日に保険料を納めた人には、昨年11月に日本年金機構から控除証明書が送付されました。

10月1日以降に初めて納めた人には、2月上旬に送付されます。

控除証明書についてのお問い合わせは、日本年金機構のコールセンター(電話0570・070・117=3月14日まで)、国民年金基金の掛け金については神奈川県国民年金基金(電話045・242局1907)、そのほかは藤沢年金事務所(電話0466・50局1151)へ。

国民健康保険

保険年金課(電話61-3953)から送付した「国民健康保険料納付済額のお知らせ」で納付額を確認の上、申告を。

後期高齢者医療制度

保険年金課(電話61-3961)から送付した「後期高齢者医療保険料納付済額のお知らせ」で納付額を確認の上、申告を。

介護保険

65歳以上の人の納付額は、高齢者いきいき課(電話61-3949)から送付した「介護保険料納付済額のお知らせ」で確認の上、申告を。

40~64歳の人の納付額は、加入している健康保険組合へお問い合わせください。

確定申告はお早めに

  • 鎌倉税務署 電話22-5591
  • 市民税課 電話61-3921

確定申告の相談と申告書を受け付けます。期限間近になると混み合いますので、早めのご提出を。なお、4月中旬まで税務署内の駐車場は使用できません。

国税電子申告納税システム(e-Tax)のご利用を

国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」で、申告データを作成し、直接電子申告できます(事前手続きが必要)。e-Taxは、書類の提出・提示が省略できて手軽なほか、還付申告が早期処理されるため、早めに還付が受けられる利点があります。また、作成した申告書を印刷し、必要書類を添付の上、郵送または直接税務署の窓口へ提出することもできます。e-Taxとその他の税金・確定申告の詳細は、各ホームページでご確認ください。

確定申告の提出と相談

  • 車での来場はご遠慮を 
  • 特に表記のない場合、土・日曜日、祝日と各施設の休業日はお休み

提出と相談 

鎌倉税務署 
  • 所得税等*…2月17日(月曜日)~3月17日(月曜日) 9時00分~17時00分(提出は8時30分から)
  • 贈与税…2月3日(月曜日)~3月17日(月曜日) 9時00分~17時00分(提出は8時30分から)
  • 消費税(個人事業者)…3月31日(月曜日)まで 9時00分~17時00分(提出は8時30分から)

パソコンを使った申告書の作成指導もあり ※混雑状況により締め切る場合あり

休日開庁日…2月23日(日曜日)、3月2日(日曜日)

*…平成25年~49年は、所得税に併せて「復興特別所得税」の申告が必要です

提出と簡易な相談(★1) 

市役所講堂(第3分庁舎)…2月17日(月曜日)~3月17日(月曜日)9時00分~12時00分、13時00分~16時30分

休日開庁日…2月23日(日曜日)

提出のみ

  • 市民税課(本庁舎1階)…2月3日(月曜日)~14日(金曜日)8時30分~17時15分
  • イトーヨーカドー大船店(1階エスカレーター横)… 2月17日(月曜日)~3月17日(月曜日)10時00分~16時00分

小規模納税者の相談(★2) 

  • 玉縄学習センター…2月3日(月曜日)・4日(火曜日) 9時30分~12時00分・13時00分~16時00分
  • 深沢学習センター…2月7日(金曜日)  9時30分~12時00分・13時00分~16時00分

※受け付けは15時30分まで
※混雑状況により締め切る場合あり

(★1)…給与所得者の還付申告、年金受給者の確定申告などの相談。事業・不動産・譲渡での所得のある人、新たに住宅借入金等特別控除を受ける人は税務署で相談を

(★2)…小規模納税者(白色申告者)の所得税・消費税申告、年金受給者・給与所得者の所得税申告が対象。譲渡所得がある人、相談内容が複雑な人は税務署で相談を

税理士による確定申告無料税務相談会

東京地方税理士会鎌倉支部事務局 電話25-5220

お気軽にご相談ください。

2月13日(木曜日)…鎌倉商工会議所 午前10時~午後4時(3時30分受け付け終了)

対象者…(1)公的年金などの受給者で所得税確定申告書を提出する人(ほかに所得がある人を除く) (2)年金受給者および給与所得者で、医療費控除の還付申告書を提出する人

※収入金額が多額な人(800万円超)、相談内容が複雑な人は、受け付けできません。事前にお問い合わせを

割引額がより大きく
国民年金の2年前納(口座振替)が始まります

藤沢年金事務所 電話0466-50-1151

国民年金保険料には、1年分または6カ月分を一括前納すると、割引になる制度があります。今年の4月末の口座振替分から、より割引額の大きな2年分の前納が利用できるようになります。

1年前納(口座振替)した場合の割引額は、25年度では3780円でしたが、2年前納にした場合、割引額は1万4000円前後となる予定です(※)。

今年4月からの2年前納を希望する場合は、2月末までに年金事務所または金融機関で手続きをしてください。

現在、毎月口座振替で納めている人が前納に切り替える場合も、2月末までに手続きが必要です。

※割引額は25年度の保険料額による推定です。26年度の保険料額は、2月の告示により確定する予定です

お問い合わせ

所属課室:共生共創部広報課広報担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示