ここから本文です。

更新日:2022年3月7日

広報かまくら平成25年度3月1日号1面

平成26年度予算案 「安全な生活の基盤づくり」を中心に

第3次鎌倉市総合計画 第3期基本計画スタートの年

平成26年度の予算案がまとまりました。この予算は、第3次鎌倉市総合計画第3期基本計画の初年度の予算として、市として必要な事業を着実に推進するものです。

この予算を基に、「安全な生活の基盤づくり」に向けた事業を着実に進めるとともに、今後の鎌倉を担う次世代のため、先人たちがつくり上げた豊かで美しいこの鎌倉を、「世界に誇れる持続可能なまち」にするための市政運営に取り組んでいきます。

※この予算案は、2月12日から開催されている市議会2月定例会で審査されており、3月末までに決定する予定です

経営企画課…内線2214
財政課…内線2252

主な事業と予算額は2面へ

 

一般会計 609億100万円 福祉、消防、都市整備や教育など、市の行政運営の基本となる会計

前年度と比べるとプラス4.9%、28億1,900万円の増

※かっこ内の数値は前年度比

歳入

609億100万円

市税(自主財源) 58.1%

354億1,237万1,000円(+2.1%)(市民税、固定資産税、都市計画税など)

個人市民税、法人市民税は景気回復傾向にあることによる増収を見込む。また、固定資産税、都市計画税についても、住宅用地の負担調整制度の据え置き措置廃止などにより増収を見込むが、たばこ税は売り上げ減による減収を見込む

諸収入(自主財源) 3.7%

22億3,253万6,000円(+0.6%)(預金利子、貸付金元利収入など)

繰入金(自主財源) 3.3%

20億806万7,000円(+7.2%)(預金利子、貸付金元利収入など)

繰入金(自主財源) 3.3%

20億806万7,000円(+7.2%)(基金や他会計からの繰入金)

使用料等(自主財源) 4.9%

29億9,907万1,000円(?28.9%)

国庫支出金(依存財源) 12.2%

74億2,466万5,000円(+9.9%)(国からの負担金、補助金、委託金)

名越クリーンセンター設備改修工事補助金や臨時福祉給付事業補助金の増など

市債(依存財源) 8.2%

49億6,750万円(+75.2%)(市の借入金)

大船消防署への本部機能移転や大船中学校改築工事などにかかる市債の増。26年度に返済する元金の償還額は38億4,125万8千円で、一般会計の市債残高は前年度末の残高見込み約389億8,000万円から約401億600万円と約11億2,600万円増加する見込み

県支出金(依存財源) 5.0%

30億3,834万円(+8.1%)
(県からの負担金、補助金、委託金)

安心こども交付金の増、保育緊急確保事業費補助金の増など

地方消費税交付金(依存財源) 3.0%

18億3,100万円(+13.0%)

地方譲与税等(依存財源) 1.6%

9億8,745万円(-8.8%)(地方譲与税、地方交付税など)

歳出

609億100万円

 民生費 35.8%

218億1,683万8,000円(+9.4%)(福祉・医療・子育て環境の整備など)

児童手当の支給、障害者福祉事業や生活保護扶助費などに使用

衛生費 12.8%

77億6,762万6,000円(+15.4%)(市民の健康管理、ごみ処理など)

予防接種、名越クリーンセンター設備改修工事、ごみ減量・資源化の充実・拡大などに使用

土木費 12.6%

76億5,434万4,000円(-14.5%)(道路・河川・公園の整備など)

公園・緑地用地の取得や道路改良整備工事などに使用

総務費 10.3%

62億9,003万1,000円(+1.9%)(税務、情報処理、防災、市役所の運営など)

選挙の経費や鎌倉芸術館の修繕などに使用

教育費 10.0%

61億827万4,000円(-5.9%)(学校教育、生涯学習など)

大船中学校改築工事、史跡北条氏常盤亭跡防災工事、(仮称)鎌倉歴史文化交流センター建築改修等工事などに使用

公債費 7.3%

44億1,877万7,000円(+0.2%)(国や金融機関などからの借入金の返済)

借入金の元金償還や利子に使用

消防費 6.6%

40億3,547万6,000円(+57.6%)(消火、火災予防、救急活動など)

消防救急デジタル無線工事などに使用

その他 4.6%

28億963万4,000円(?0.7%)(議会費、農林水産業費、商工費など)

 

家計簿に例えてみると…

一般会計を目的別ではなく性質別に分けて、家計簿に置き換えてみました。

年収を約500万円(1カ月のやりくり額 42万円)とした場合、このようになります。

収入(歳入)

 ()カッコ内は、前年度差額

  • 給料(市税) 244,000円 構成比58.1% (+5,100)
  • 諸手当(譲与税、交付金、国県支出金) 91,600円 構成比21.8% (+7,000)
  • 銀行からの借入(市債) 34,400円 構成比8.2% (+14,700)
  • 貯金の取り崩し(基金繰入金) 13,900円 構成比3.3% (+900)
  • パート収入ほか(使用料、手数料、諸収入など) 36,100円 構成比8.6% (-8,300)

合計 420,000円 100% 

支出(歳出)

 ()カッコ内は、前年度差額

  • 食費(人件費) 92,000円 構成比21.9% (+2,800)
  • 医療費(生活保護などの扶助費) 75,600円 構成比18.0% (+2,000)
  • ローン返済(公債費) 30,700円 構成比7.3% (+100)
  • 家の増改築、修理や家財購入など(普通建設事業費、維持補修費) 63,400円 構成比15.1% (+17,300)
  • 子どもへの仕送り(特別会計への操出金) 61,300円 構成比14.6% (+3,300)
  • 貯金(積立金) 400円 構成比0.1% (-10,000)
  • 光熱費、日用品など(物件費、補助費、出資・貸付金、予備費) 96,600円 構成比23.0% (+3,900)

合計 420,000円 100% 

 

 

特別会計 462億3,980万円 詳しくは3面をご覧ください

 

 

お問い合わせ

所属課室:共生共創部広報課広報担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示