ここから本文です。

更新日:2021年2月1日

広報かまくら平成26年度2月15日号3面

こんな給付が受けられます国民健康保険制度

保険年金課 電話 61-3607

病気やけがで医療機関にかかるときに備え、全ての国民が何らかの健康保険に加入することになっています。
国民健康保険(国保)は、自営業の人や、職場に健康保険制度のない人などを対象に医療保障する制度で、

  1. 職場などの健康保険に加入している人
  2. 後期高齢者医療の対象となる人
  3. 生活保護を受けている人

を除く、75歳未満の全ての人が加入することになっています。

他の健康保険の資格を失ったら加入を

退職などで他の健康保険の資格を失った場合、その日から14日以内に、保険年金課(本庁舎1階)か支所で、国保加入の手続きをしてください。

国民健康保険料は、他の健康保険の資格を失った月から納めていただきます。届け出が遅れると、さかのぼって納めることになりますのでご注意ください。

70歳からは高齢受給者証を

70~74歳の人は、自己負担額が医療費の2割になります(一定以上の所得がある人は3割)。医療機関の窓口で、被保険者証と併せて「高齢受給者証」を提示してください。この受給者証は、満70歳の誕生月(1日生まれの人は前月)の下旬に送付します。

主な保険給付

自己負担額を除いた医療費が、市から医療機関に支払われます。

他にも次の給付などが受けられます。いずれも申請が必要ですので、詳しくはお問い合わせください。

◆療養費

  • コルセットなど、医師が必要と認めて作った治療用の装具費
  • 医師の同意のもとで受けたはり・きゅう・マッサージ費
  • 柔道整復師の施術費
  • 海外で受けた治療費(やむを得ない事情で治療した場合)

◆出産育児一時金

◆葬祭費

◆移送費

移動が困難な重病人が、緊急かつやむを得ず医師の指示により移送されたときの費用。

◆高額療養費

同じ月に同じ医療機関でかかった医療費の一部負担金(※1)が自己負担限度額を超えた場合、その超えた分を市が負担します。該当する人には、診療月の約3~6カ月後に市から申請書を送付しますので、届いたら手続きを。
※1…入院と外来はそれぞれ別に計算します

認定証を作っておくと便利です

【窓口支払いが限度額までに】

入院や外来診療で医療費が高額になる場合、「限度額適用認定証」を提示すると、医療機関への支払いが自己負担限度額までになり、一度に用意する費用が少なくて済みます。

事前に「限度額適用認定証」の交付を受けてください。申請は保険年金課(本庁舎1階)か支所へ。

*70~74歳の人は、「高齢受給者証」の提示で同様の支払いになります

高額介護合算療養費

医療と介護の両方に自己負担額があり、計算対象期間である前年8月~7月の1年間の自己負担額の合計が基準額を超えた場合、その超えた分を市が負担します。

該当する人には申請のお知らせを送付しますので、届いたら手続きをしてください。

入院中の食事代の減額

市民税非課税世帯の人は、入院中の食事代の減額が受けられますので、お問い合わせください。

入院中の食事代標準自己負担額 (1食当たり)
  1. 一般(2、3以外の人) 260円
  2. 市民税非課税世帯
    低所得2)(*1)90日までの入院 210円
    過去12カ月で90日を超える入院 160円
  3. 低所得1)(*2) 100円

*1…70歳以上の国保加入者で、属する世帯の世帯主および国保加入者全員が市民税非課税の人
*2…低所得2)(*1)の項目に当てはまり、かつその世帯の各所得が必要経費・各種控除額(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人

医療機関の適正受診にご協力を

医療費は、近年増加の傾向が続いており、皆さんの保険料が増えることにもつながります。

日ごろから健康に気を付けることはもちろん、ちょっとした心掛けで医療費を節約できます。

  • 「重複受診」はやめる
  • 緊急時以外の休日や夜間の受診は控える
  • 治療は途中でやめない
  • 「おくすり手帳」を作り、領収書、明細書は保管しておく
  • 医師の指示を守る  

子ども予防接種週間

市民健康課 電話 61-3942

3月1日~7は「子ども予防接種週間」です。お子さんの予防接種はもうお済みですか?

定期予防接種(ヒブや麻しん・風しんなど)は、対象年齢内に、決められた回数や間隔で接種すれば無料です。

しかし、対象年齢外での接種や、決められた回数や接種間隔を守れない接種は有料となり、健康被害が発生した場合、国の救済が受けられません。

この機会にもう一度、母子健康手帳を確認し、済んでいない予防接種は、対象年齢内に早めに済ませましょう。

国保加入者の受診状況

保険年金課 電話 61-3607

本市の国保加入者で、平成26年5月に医療機関にかかった人の受診状況をまとめました。

年齢階層別の費用額は、「60歳代」が全体の約4割、「70歳以上」も合わせると全体の7割以上を占めます。

疾病分類別で多かったのは、「損傷・外傷など」「歯肉炎・歯周疾患」と「高血圧性疾患」です。

高血圧性疾患は、心臓病(虚血性心疾患)や脳卒中の危険因子といわれ、塩分の取り過ぎや肥満と密接な関係があるとされています。予防のため、日頃の生活習慣を見直しましょう。


年齢階層別の受診状況

被保険者数…計47,846人

  • 0~19歳・・・4,249人、8.9%
  • 20~39歳・・・7,060人14.8%
  • 40~59歳・・・11,608人24.3%
  • 60~69歳・・・14,868人31.1%
  • 70歳~・・・10,061人21.0%

費用額…計978,244千円

  • 0~19歳・・・34,901千円、3.6%
  • 20~39歳・・46,995千円、4.8%
  • 40~59歳・・・187,503千円、19.2%
  • 60~69歳・・・369,999千円、37.8%
  • 70歳~・・・338,846千円、34.6%

疾病分類別でみた受診件数 上位10項目

カッコ内は受診率(%)

  1. 損傷・外傷など…6,323件 13.2%
  2. 歯肉炎・歯周疾患(電子請求分)…4,494件 9.4%
  3. 高血圧性疾患…4,060件 8.5%
  4. 内分泌・栄養・代謝の疾患…1,829件 3.8%
  5. 糖尿病…1,576件 3.3%
  6. 眼・付属器の疾患…1,257件 2.6%
  7. 皮膚炎・湿疹…1,078件 2.3%
  8. 眼の屈折・調節の障害…937件 2.0%
  9. 消化器系の疾患…849件 1.8%
  10. 関節症…845件 1.8%

(平成26年5月診療分。受診件数総計43,308件)
※「損傷・外傷など」は歯科診療のうち手書きレセプトによる請求分を含む

固定資産税・都市計画税第4期の納期限は3月2日(月曜日)です

納税課 電話 61-3911


お問い合わせ

所属課室:共生共創部広報課広報担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示