ここから本文です。

更新日:2022年1月17日

広報かまくら平成27年度2月1日号3面

市・県民税の申告


市民税課 電話 61-3921


平成28年度の市民税と県民税の申告を3月15日まで受け付けます。会場により受け付け日時が異なります(下表)。27年中に収入がない人も、原則として申告が必要です。対象は次のとおり。

  1. 28年1月1日現在市内に居住している人
  2. 28年1月1日現在市内に事務所・事業所または家屋敷がある人


申告がないと、税額が正しく算出できないほか、税の証明書発行、社会保険料の適正な算定、免除や手当の受給ができないなど、さまざまな影響があります。必ず申告してください。


【申告が必要ない人】


上記の対象でも、次の人は申告不要です。

  • 27年分の所得税の確定申告(還付申告含む)をする人
  • 給与収入のみの人※源泉徴収票に記載のない控除を受けたい人と、仕事先から市に給与支払報告書が提出されていない人は要申告
  • 公的年金等の収入のみの人※源泉徴収票に記載のない控除を受けたい人と、遺族年金や障害年金のみの人は要申告
  • 控除対象配偶者または扶養親族として、市内に居住している人の源泉徴収票や申告書に記載されている人


【申告に必要なもの】


必要書類を手元にそろえてから申告してください。

  • 印鑑(認め印可)
  • 所得の証明となる資料(源泉徴収票・収支明細書・支払証書など)
  • 国民年金等の社会保険料の控除を受ける人→その証明書
  • 生命保険料・地震保険料などの控除を受ける人→その証明書
  • 医療費控除を受ける人→その領収証と計算の明細書
  • 障害者控除を受ける人→障害者手帳・療育手帳など


【申告書の作成について】


市ホームページで、申告書と、自動で所得計算などができる「市県民税申告書作成ツール」(*)が入手できます。
*エクセルファイルです。使用環境をご確認ください

市・県民税の申告受付会場と日時

 

  • 腰越支所2月1日(月曜日)9時00分~12時00分、13時00分~16時00分
  • 大船学習センター2月2日(火曜日)・3(水曜日)9時00分~12時00分、13時00分~16時00分
  • 深沢学習センター2月4日(木曜日)9時00分~12時00分、13時00分~16時00分
  • 玉縄学習センター2月5日(金曜日)9時00分~12時00分、13時00分~16時00分
  • 市役所講堂(第3分庁舎)2月16日(火曜日)~3月15日(火曜日)*9時00分~12時00分、13時00分~16時30分
  • 市民税課(本庁舎1階)2月15日(月曜日)まで*8時30分~12時00分、13時00分~17時15分

土・日曜日と祝日は除く公共交通機関のご利用を

 

 

確定申告はお早めに


鎌倉税務署 電話 22-5591
市民税課 電話 61-3921

平成27年分確定申告の申告期間は次のとおりです。

  • 所得税・復興特別所得税(所得税等)…2月16日(火曜日)~3月15日(火曜日)
  • 贈与税…2月1日(月曜日)~3月15日(火曜日)
  • 個人消費税…3月31日(木曜日)まで


【パソコンのご利用を】


申告書などは、国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp/(外部サイトへリンク))の「確定申告書等作成コーナー」で作成できます。画面の説明に従って入力すると税額などが自動計算され、作成後は印刷し必要書類を添付の上、税務署に提出できます。


【税理士による無料申告相談】


対象は、年金受給者と給与所得者の所得税等の申告、小規模事業者の所得税等と個人消費税の申告。譲渡所得(土地、建物、株式など)のある人、相談内容が複雑な人、所得金額が高額な人はご遠慮を。
時間は午前9時30分~正午と午後1時~4時(受け付けは3時30分まで、混雑時は早めに締め切る場合あり)。

  • 2月1日(月曜日)…深沢学習センター
  • 2月2日(火曜日)…鎌倉生涯学習センター
  • 2月5日(金曜日)…大船学習センター

【市役所での提出と相談】


記載済みの確定申告書の提出、給与所得者の還付申告、年金受給者の確定申告などの簡易な相談を受け付けます。
事業・不動産・譲渡所得のある人、新たに住宅借入金等特別控除を受ける人は除きます。

  • 2月1日(月曜日)~15日(月曜日)=提出のみ…市民税課(本庁舎1階)午前8時30分~午後5時15分
  • 2月16日(火曜日)~3月15日(火曜日)=提出と相談…市役所講堂(第3分庁舎)午前9時~正午と午後1時~4時30分


※閉庁日は除きます


【税務署での作成・申告】


所得税等・贈与税・個人消費税の確定申告書作成会場を開設します。

  • 2月10日(水曜日)~3月15日(火曜日)…午前8時30分~午後5時

(相談は午前9時から、平日のみ、ただし2月21日・28日の日曜日は開設)
※パソコンを操作できる人を優先する場合があります
※駐車場は利用できません

 

 

社会保険料は所得から控除できます


問い合わせは各担当へ

 

平成27年中に納付した次の保険料(未納分をさかのぼって納めた場合も含む)は、市・県民税の申告や確定申告時に「社会保険料」として所得から控除できます。
対象は、本人および同一生計の親族の保険料です。ただし、特別徴収(年金から天引き)された保険料は、徴収元の年金を受給している本人だけが、控除を申告できます。

国民年金


免除期間分を追納した場合や国民年金基金の掛け金も控除の対象となります。
申告時に、納付額を証明する「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」を添付または提示してください。
27年1月1日~9月30日に保険料を納めた人には、昨年11月に日本年金機構から控除証明書が送付されました。10月1日以降に初めて納めた人には、2月上旬に送付されます。

【担当】

  • 控除証明書…日本年金機構のねんきん定期便・ねんきんネット等専用ダイヤル電話0570・058・555(3月15日まで)
  • 国民年金基金の掛け金…神奈川県国民年金基金電話0120・65・4192
  • そのほか…藤沢年金事務所電話0466・50-1151


27年中に納付した各保険料の金額は、1月下旬に各担当から送付した「保険料納付済額のお知らせ」をご覧ください。

国民健康保険

【担当】


保険年金課…電話61-3954

後期高齢者医療制度

【担当】


保険年金課…電話61-3961

介護保険

【担当】

  • 65歳以上…高齢者いきいき課電話61-3949
  • 40~64歳…加入している健康保険組合

  

税理士会による確定申告無料税務相談会


東京地方税理士会鎌倉支部事務-電話25-5220

2月9日(火曜日)…鎌倉商工会議所午前10時~午後4時(受け付けは3時30分まで)

対象者…

  1. 公的年金などの受給者で所得税確定申告書を提出する人(ほかに所得がある人を除く
  2. 年金受給者および給与所得者で、医療費控除の還付申告書を提出する人


※収入金額が多額な人(800万円超)、相談内容が複雑な人は受け付けできません
※相談により必要書類あり。事前にお問い合わせを

 

 

まちのスケッチ
市民通信員が身近な話題をリポート

 

湘南深沢の車両基地


赤、青、緑、黄色に続き、昨年11月に新車両「パープルライン」が加わり、さらにカラフルになった湘南モノレール。そんなモノレールの車庫(車両基地)は湘南深沢駅近く、ボウリングのピンがそびえる建物の奥にあります。
息子が小さい頃、ここへ来ては車両点検の様子やレールのポイントが切り替わる様子を、飽きもせず、楽しそうに見ていたものでした。ここには軌道点検車(新幹線でいうドクターイエロー)も控えています。過去、偶然にも出動していくのを見掛けましたが、深夜に黄色のごつい車体が空中を走っていく様子は、なんとも不思議で忘れがたい光景です。
また、お披露目前の車両の姿をいち早く拝むことができるのも、車庫のお楽しみの一つです。パープルラインのデビュー前、車庫に見たこともない紫色の車体が止まっているのを目にしたときには、まるで新種の生き物でも発見したかのような気分になりました。
実際、通りから少し奥まった場所で少しだけ顔を出して止まっているモノレールは、巣の中でひっそりと休んでいる生き物のよう。「今日はどうしているかな」と何だか気になって、近くを通るたびに車庫をのぞいてしまうのです。


【深沢地域池田里麻子】

お問い合わせ

所属課室:共生共創部広報課広報担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示