ここから本文です。

更新日:2022年3月18日

広報かまくら平成28年度4月1日号1面

「市民が主役」の新しいまちづくり

少子・高齢化により、地域が抱える課題は多様化・細分化しています。
本市の高齢化率は現在約30%と全国的に見ても高く、戸建住宅地においては40%を超える地域もあります。これまで以上に、みんなで地域を育て、魅力あるまちづくりをしていかなければなりません。
地域の課題を皆さんが自ら解決に向けて考える「市民主体の地域運営(エリアマネジメント)」に取り組んでいる二つの地域を紹介します。
地域のつながり推進課…内線2582

モデル1 今泉台住宅地

町内会とNPOで地域を運営
今泉台町内会・田島会長
NPO法人タウンサポート
鎌倉今泉台・丸尾理事長


「今泉台町内会は、高齢化率が約45%にのぼります。町内会では、役員任期が短く、活動資金も少ないため、長期的に課題に取り組むためには、別の組織が必要であると考え、NPO法人を立ち上げました。
今後は、町内会では従来どおり住民の安心・安全とコミュニティづくりを、NPO法人では専門性が高く、長期的な活動を要する取り組みを担っていきたいと考えています。
町内会とNPOが協力し合い、地域を運営していく取り組みは始まったばかりですが、新しい発見もあります。失敗例もありますが、私たちの活動が参考になればと思いますので、他の地域の皆さんとも交流していきたいです。」

 

【まちづくりのキーワード】

  • 市民の主体性
  • 若い人たちも一緒に活動できる環境づくり
  • すべてを「自分ゴト化」した具体的な行動へ
  • 大学や企業など、さまざまな人を巻き込む
  • 諦めずに続ける

 

  • タウンサポート鎌倉今泉台
    (地域運営組織)

収益事業
-緑の管理・整備
(公園・緑道など)
-空き家・空き地管理
-イベント企画
-子育て支援

支援活動
-介護予防・健康づくり
-地域交流
-家事代行
-買物支援

人材マッチング:行政と人をつなぐコーディネーター

支援

連携

  • 今泉台町内会
    (既存の自治・町内会)

支援活動

コミュニティビジネスの芽

(余暇活動(趣味・サークル)

定例活動

安全・安心のコミュニティづくり

 

モデル2 大船地域づくり会議

大船を魅力あるまちに
大船地域づくり会議・岩佐会長
「大船地域づくり会議は、大船を魅力あるまちにするため、地域の課題について私たち地域住民が自ら発見し、自ら考え、自ら行動して解決する場として、平成24年10月に発足しました。
27年度は、ホームページ「わがまち大船ニュース」の運営、避難所運営のマニュアルづくりなどに取り組みました。地域住民、各種団体(社会福祉協議会・NPOなど)、行政が参加し、地域のさまざまな課題を解決しようと話し合っています。」

 

  • 地域
    住民(自治・町内会)
    企業
    学校
    NPO団体
    病院
    行政
    各種活動団体

 

  • 大船地域づくり会議
    交通
    防犯
    防災
    ごみ
    子育て
    高齢化
    環境

 

  • 行政
    市長
    地域のつながり推進課
    ○○課
    ○○課

 

平成28年3月1日現在


人口:172,491人
世帯数:72,876世帯
※平成27年に行われた国勢調査の結果、本市の人口は172,902人、世帯数は73,032世帯でした(10月1日現在・速報値)。3月1日現在の数値は、10月以降の増減数を速報値に合算したものです。

お問い合わせ

所属課室:共生共創部広報課広報担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示