ここから本文です。

更新日:2020年12月11日

広報かまくら平成28年度12月1日号2面

1面から続き

28年10月 ニース市公式訪問

松尾市長は、ニース市庁舎でフィリップ・プラダル市長と懇談し、将来にわたる友好関係への思いを確認し合いました。また、7月に発生したテロ事件で亡くなった方々に哀悼の意を表し、献花を行いました。

ほかに鎌倉市と都市提携している都市は

姉妹都市・友好都市(行政が交流の主体)

  • 萩市:吉田松陰らを育んだ歴史都市です。27年7月萩市東部を襲った集中豪雨では鎌倉から職員が派遣されるなど、災害時の連携も行われています。
  • 上田市:鎌倉幕府の守護所が置かれ、幕府と鎌倉街道で結ばれていた城下町です。
  • 足利市:同市の基礎を作った足利氏は、清和源氏の流れをくんでいます。日本最古の学校といわれる足利学校をはじめ多くの文化遺産があります。
  • 敦煌(とんこう)市(中華人民共和国):シルクロードの分岐点として栄えたオアシス都市です。

市民親善都市(市民が交流の主体)

  • ワイマール市(ドイツ)

パートナーシティ(市民が交流の主体)

  • 安東市(大韓民国)
  • 宮城県七ヶ浜町
  • ナッシュビル市(アメリカ合衆国)
  • 岩手県大船渡市

皆さんの活動を支援しています

鎌倉市都市交流事業等奨励金

市では、本市と都市提携を結んでいる都市(姉妹都市・友好都市、市民親善都市、パートナーシティ)への訪問や本市で国際協力活動などを実施する市民団体に、奨励金(3万~5万円)を交付しています。詳しくはお問い合わせを。

鎌倉市パートナーシティ制度

民間団体(※注)同士での特定の分野(歴史的遺産保全・活用、観光・産業振興、教育、文化、芸術など)に限定した新しい形の都市提携です。

(※注)条件についてはお問い合わせを

【問い合わせ】秘書広報課…内線2210

自治・町内会の会長・役員を表彰

地域のつながり推進課 内線2311

現在、市内には183の自治・町内会があり、市や関係団体と協力し、地域の特性を生かした福祉活動や防災・防犯活動、環境整備などに取り組んでいます。

市では毎年、自治・町内会の育成と地域社会の発展に尽くした会長と役員を表彰しています。今年度は11月14日に表彰式を行いました。受賞者の皆さんは次のとおりです(敬称略)。

会長表彰

会長の職が通算10年(70歳以上は8年)以上の在職者と同5年以上の退任者。

  • 秋本民雄(大町米町自治会)
  • 石渡雅彦(長谷自治会)
  • 澤藤弘子(極楽寺西ヶ谷町内会)
  • 杉山昌鎭(下町町内会)
  • 中原攻(七里ガ浜町内会)
  • 内海宰(上町屋町内会)
  • 菅暉夫(南ヶ丘自治会)
  • 井上肇(富士見町町内会)
  • 小山清(故人。山ノ内下町下 町内会)

役員表彰

【会長・副会長・会計】

役員の職が通算15年(70歳以上は13年)以上の在職者と、同10年(70歳以上は8年)以上の退任者。

  • 守屋正男(大町八雲自治会)
  • 平井公明(極楽寺自栄会)
  • 田邉志南子(若宮町内会)
  • 渡部文夫(小袋谷町内会)
  • 鈴木修吉郎(植木町内会)

平成28年度の臨時福祉給付金の申請期限は12月28日(水曜日)です

臨時福祉給付金担当 電話23-0001

お問い合わせ

所属課室:共生共創部広報課広報担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示