ここから本文です。

更新日:2021年12月6日

広報かまくら平成30年度1月1日号8面

消防出初式

1月6日(日曜日)10時00分~11時40分 山崎浄化センター

式典、鳶職組合のまといの振り込みとはしご乗り、一斉放水など。救急救命コーナーや火災警報器・消防車などの展示も。雨天中止。

消防総務課 電話44-0983

1月26日は文化財防火デー

文化財を火災から守りましょう

予防課 電話44-0963

1月23日~29日に、火災予防の立入検査などを行います。通常も文化財に指定された建造物やその周辺では、喫煙や裸火使用を制限しています。社寺周辺での喫煙やたき火などはご遠慮を。

消防総合訓練

国指定史跡の浄妙寺で初期消火・重要物品搬出・一斉放水などを行います。

  • とき…1月23日(水曜日)午前9時~9時30分(小雨決行、荒天時中止)
  • ところ…浄妙寺(浄明寺3の8の31)

【中止の場合】

いずれも消防テレホンサービス(電話0120-24-0467)でお知らせします。出初式は市ホームページでも。

角野栄子さん市民栄誉表彰記念 『魔女の宅急便』上映

児童文学作家・角野栄子さんは、昨年3月に児童文学のノーベル賞ともいわれる国際アンデルセン賞・作家賞を受賞し、市では市民栄誉表彰を行いました。

『魔女の宅急便』 清水崇監督 2014年

  • 2月5日(火曜日)12時30分~15時30分(休憩あり)
    式典・角野栄子さん(原作者)のお話・映画上映
  • ところ…鎌倉女子大学図書館視聴覚ホール 先着200人

【申込】1月7日以降に氏名・電話番号を、電話かファクス、Eメールで文化人権課(電話61-3852、FAX23-8700、メール:bunka@city.kamakura.kanagawa.jp)へ

ジブリアニメ版『魔女の宅急便』 宮崎駿監督 1989年

  • 2月1日(金曜日)14時00分(英語字幕付き)
    2月2日(土曜日)14時00分
    2月3日(日曜日)10時30分(親子上映会)、14時00分
  • ところ…川喜多映画記念館 定員各51人
  • 入場料…一般1,000円、小・中学生500円、(親子上映会は保護者も500円)

【申込】1月19日以降に親子上映会は電話で川喜多映画記念館(電話23-2500)へ。他は、同館・島森書店・たらば書房・上州屋でチケットを販売

鎌倉歴史文化交流館

鎌倉歴史文化交流館 電話73-850

春季企画展 鎌倉 災害と復興―土地に刻まれた痕跡

鎌倉は歴史上、繰り返し災害や戦乱に遭遇してきました。本展では、地下に埋もれていた中世鎌倉の災害痕跡や大正関東地震の写真・被災資料などから、復興への足跡をたどります。

  • とき…1月4日(金曜日)~5月18日(土曜日) 午前10時~午後4時(入館は3時30分まで)。日曜・祝日休館
  • 列品解説…土曜日 午前11時
  • 観覧料…一般300円、小・中学生100円

出張講座 鎌倉と京―二つの都市をつなぐ人々の歴史

中世の鎌倉には京から下ってきた人も多く、幕府を支え、京との交流を促し、鎌倉に新たな文化を根付かせました。

定員50人。抽選。

  • とき…1月27日(日曜日) 午後2時~3時30分
  • ところ…玉縄学習センター

【申込】催し名・住所・氏名・電話番号をはがきかファクス、Eメールで1月18日(必着)までに鎌倉歴史文化交流館(〒248―0011扇ガ谷1の5の1、FAX73-8545、メール:rekibun@city.kamakura.kanagawa.jp)へ

常設公開 VR 永福寺(ようふくじ)

源頼朝が創建した幻の大伽藍を、臨場感あふれる3DCG映像で再現しています。

鎌倉国宝館

鎌倉国宝館 電話22-0753

特別展 源実朝没後800年 源実朝とその時代

建仁3(1203)年、12歳で第3代将軍に就いた実朝は、祖父・北条時政や母・北条政子らに補佐・後見され、成長するに伴い主体的に幕政に関与するようになります。本展を通し、実朝やその時代への理解を深めていただければ幸いです。

  • 主な展示品…源実朝坐像(甲斐善光寺蔵)、聖徳太子立像(天洲寺蔵)、阿弥陀如来および両脇侍立像(金剛寺蔵)ほか
  • とき…1月4日(金曜日)~2月3日(日曜日) 午前9時~午後4時30分(入館は4時まで)。月曜(祝日の場合は翌日)休館
  • 列品解説…土曜日の午後2時
  • 観覧料…一般600円、小・中学生200円

出張講座【開館90周年こぼれ話】

  • 2月3日(日曜日)14時00分~15時30分

腰越学習センター 定員30人。抽選。

出張講座【中世鎌倉の仏師たち】

  • 2月10日(日曜日)14時00分~15時30分

深沢学習センター 定員50人。抽選。

【申込】催し名・住所・氏名・電話番号を、往復はがき(1枚につき1人)かEメールで、1月18日 (必着)までに同館(〒248-0005雪ノ下2ー1-1、メール:kokuhoukan@city.kamakura.kanagawa.jp)へ

鏑木清方記念美術館

鏑木清方記念美術館 電話23-6405

  • 9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)
  • 休館は月曜日と12月29日~1月3日。1月4日~14日は開館。

日本画の美術館を巡ろう

鏑木(かぶらき)清方(きよかた)記念美術館
山口(やまぐち)蓬春(ほうしゅん)記念館(葉山町)

2月24日(日曜日)まで

吉田(よしだ)五十八(いそや)建築にみる日本画家の画室

近代数奇屋造建築で知られる建築家・吉田五十八は、清方と蓬春の邸宅を設計しました。両記念館で五十八建築の特徴をご鑑賞ください。

【トークイベント】「蓬春と清方と五十八」

1月5日(土曜日)午後1時30分~2時

鏑木清方記念美術館

【トークイベント】「大正期の画壇と清方と蓬春」

1月13日(日曜日)午後1時30分~2時

山口蓬春記念館

【入館料(2月24日まで)】

イベントのチラシ提示で、

鏑木清方記念美術館

一般200円→150円、小・中学生100円→50円

山口蓬春記念館

一般600円→500円

(注)1枚に付き1グループ1回限り。他の割引と併用できません

アプリ「マチイロ」で広報かまくらが読めます

https://machiiro.town/( 外部サイトへリンク )

お問い合わせ

所属課室:共生共創部広報課広報担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示