ここから本文です。

更新日:2021年3月18日

広報かまくら平成30年度3月1日号1面

地域防災力を高める

熊本地震から間もなく3年。近年の大震災などでは行政自体が被災し、すぐに機能を発揮できない場合があることが分かりました。また、避難所の環境や運営体制の問題も浮き彫りになっています。これらを教訓に、今、地域住民が主体となって減災に取り組むコミュニティーの力「地域防災力」に大きな関心が寄せられています。

総合防災課…内線2614

避難所運営訓練に行ってきました

写真は1月27日に実施した「小坂小学校区ブロック防災訓練」の様子です。町内会会員など200人を超える住民が参加し、実際に自分たちの避難所となる体育館を使って、避難所開設・運営訓練が行われました。簡易トイレや段ボールベッドの組み立てなど、本番さながらの訓練に、参加者から「実際に組み立てて完成した形を確認しておくことも大事」などの声が聞かれました。

  • 仮設トイレってどう作る?
  • 地域住民の名簿ってあるのかな?
  • 応急処置できるかな…
  • 寝心地はどうかな?
  • 避難所のプライバシーは?

詳しくは広報PDF版をご覧いただくか、お問い合わせください。

平成31年2月1日現在

  • 人口:172,227人(前月比-27)人
  • 世帯数:74,341世帯(前月比+1)世帯

平成27年の国勢調査の確報値を基にしています

お問い合わせ

所属課室:共生共創部広報課広報担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示