ホーム > 産業・まちづくり > 遊休農地の復元作業を始めました!

ここから本文です。

更新日:2014年4月1日

遊休農地の復元作業を始めました!

遊休農地解消対策協議会が農地の復元活動を開始しました!

関谷・城廻地区の農業振興地域で長く耕作されなくなっていた農地を復元し、野菜の栽培を開始しました。

ここで採れた野菜は、地産地消と食農教育の実践活動として、市内の小学校に学校給食の食材として提供されます。 農地復元作業1
遊休農地・荒廃農地の発生は、農業生産性が減少するだけでなく、病害虫の発生や雑草が繁茂する温床となるなど、周辺での農業生産に大きな影響を与える恐れがあります。
鎌倉市農業委員会では、平成17年から遊休農地解消のための調査・検討会を設置し、平成18年1月に、さがみ農協・鎌倉市とともに「鎌倉市遊休農地解消対策協議会」(以下「対策協議会」)を設立しました。

対策協議会は、遊休農地を畑に復元する実践活動を行うこととし、現地調査、土地所有者との交渉を経て、平成18年4月から「遊休農地解消実践活動」として、雑草の刈り取り・堆肥の投入・耕運作業などを開始しました。

農地復元作業2   農地復元作業3

 

農業委員会のホームページへ

 

お問い合わせ

所属課室:農業委員会事務局   

鎌倉市御成町18-10 本庁舎4階

電話番号:0467-23-3000

内線:2482

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示