ホーム > 鎌倉芸術館周辺のまちづくり

ここから本文です。

更新日:2018年5月7日

鎌倉芸術館周辺のまちづくり

鎌倉芸術館周辺地区のまちづくり ~大学を中心としたまちづくり~

ゆとりある鎌倉芸術館のエントランス アーバンモールの一部

ゆとりある鎌倉芸術館のエントランス

アーバンモールの一部

 

計画・事業の目的

鎌倉芸術館周辺地区は、大船駅周辺地区都市(まち)づくり基本計画(案)において、「駅直近地区」とともに、2つの核の1つに位置付けられていることから、市民参画により、まちづくり条例などを活用して、計画的な市街地整備を図ろうとするものです。

 

 

鎌倉芸術館周辺地区の検討区域

鎌倉芸術館周辺地区の検討区域

 

計画・事業の概要

大船駅周辺地区都市(まち)づくり基本計画(案)では、まちづくりの方向を次のように提案しています。

(1)土地利用の発展的誘導

ア 文化・レクリエーション機能の強化と適切な更新誘導

イ 研究開発・業務施設機能強化と適切な更新誘導等

(2)都市基盤施設の整備

ア 大船停車場谷戸前線の延伸整備(大船中央病院前交差点~横浜鎌倉線)

イ 小袋谷笠間線の拡幅整備

ウ 小袋谷笠間線を補完する南北方向の補助幹線道路の整備等

(3)快適な都市環境の創出

ア 小袋谷笠間線沿道の歩行者緑地空間(アーバンモール)の整備

イ 砂押川プロムナードの整備

計画・事業の状況

市民参画のまちづくりをすすめるために、平成9年1月に地元の住民、商業者、企業や専門家で構成する「鎌倉芸術館周辺地区まちづくり協議会」(委員26 名) を設置し、小袋谷笠間線を軸にして資生堂から鎌倉芸術館、三菱電機、大船中学校に至る約30haのまちづくりの方針について検討を行い、その成果を平成10年3月に「鎌倉芸術館周辺地区まちづくり“ハートとアート”~人にやさしく、人を育てる新しい大船~」として、「まちづくりの方針」をまとめました。

さらに、平成11年2月には、重点的かつ優先的なテーマの一つである「鎌倉芸術館周辺地区砂押川プロムナード検討部会」(委員12名)を設置し、栗田湯から砂押橋までの第2期整備区間について「整備方針案」を提案しました。

また、鎌倉女子大学が松竹跡地に新しいキャンパスを計画するにあたり、大学と地域の共生をめざす観点から、大学、学識経験者、市で構成する「鎌倉女子大学 を中心としたまちづくり構想会議」を設置して、地元のまちづくり協議会に意見を求めながら、平成12年9月に「鎌倉女子大学大船キャンパスのまちづくり 基本方針」をまとめました。

その後、この基本方針に基づきキャンパス建設が行われ、女子大の協力を頂きながら大学敷地沿いの約150mの砂押川プロムナード整備や、主要なまちづくり 事業の1つである「南北補助幹線道路の整備」の一部(約220m)を実現するなど、キャンパスを中心とした土地利用誘導に大きく貢献してきました。

その後の状況につきましては、まちづくりニュースVol.15(これまでの取組みの経緯について)をご参照ください。

まちづくりニュースのページへ

また、主要なまちづくり事業の1つである「アーバンモール(水と緑の歩行者空間)の創造」の実現に向けて、「提言書(案)」をとりまとめ、その内容は現在、検討中です。(新しいウインドウが開きます。)

提言書(案)概要版はこちらへ(PDF:1,397KB)

≪鎌倉女子大学大船キャンパスを中心としたまちづくり基本方針≫

(1)大学と地域の望ましい関係

大学と地域は、相互に連携、協調、協力、分担することにより、その価値を高め合う「共生の関係」を築きます。

(2)地域に開かれた大学づくり
  • 大学施設の地域開放
  • 地域に開かれたキャンパスづくり
  • 環境共生型キャンパスの創造
  • 大学と地域との連携
(3)生涯学習センターの充実発展について

現在の生涯学習センターを充実発展させて、多様な学習ニーズや高度な社会人教育ニーズに対応できる大学をめざします。

(4)地域まちづくりへの参画
  • メインアプローチ周辺の整備
  • 南北道路の整備
  • キャンパス周辺の道路整備
  • 砂押川プロムナードの整備
  • 山林緑地の保全と有効活用
  • 地域の美しい景観づくり
(5)大学と鎌倉芸術館との連携・協調・協力の方策
  • 鎌倉芸術館の相互利用
  • 大学キャンパスと鎌倉芸術館の屋外環境の融和
(6)映像文化遺産の継承・発展の方策

映画のまち大船の足跡や記憶を将来に伝えるため、市、大学、地域が相互に連携して可能な範囲で松竹の映像文化を継承していきます。

参考資料

(新しいウインドウが開きます。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:まちづくり計画部駅周辺整備課再開発担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-61-3836

メール:ur-ofuna@city.kamakura.kanagawa.jp