よくある質問 子育て

ホーム > よくある質問 > 子育て  児童手当 > 離婚を前提として別居しています。児童と同居し養育している場合、児童手当を受給できますか?

ここから本文です。

更新日:2020年8月17日

よくある質問

よくある質問質問

離婚を前提として別居しています。児童と同居し養育している場合、児童手当を受給できますか?

よくある質問回答

離婚協議中で生計中心者(現受給者)と配偶者の方が別居されている場合、以下の要件をすべて満たす場合は、配偶者の方が児童手当を申請できます。

【要件】
(1)現受給者と配偶者の住民票が別世帯となっており、かつ、配偶者の方が対象児童と同居している。
(2)以下のいずれかの書類を提出することができる。なお、調停の内容が「婚姻費用分担」の場合や「夫婦関係調整」のうち「円満」と記載のあるものは受付できません。
・協議離婚申し入れに係る内容証明郵便の謄本
・調停期日呼出状(通知書)の写し
・家庭裁判所における事件係属証明書
・調停不成立証明書の写し
・弁護士等により作成された書類(少なくとも一方に離婚の意思があり、相手方(現受給者)にその意思が表明されていることが客観的に確認できるもの)など

※児童手当の支給開始月は、原則として申請月の翌月分からとなりますが、上記書類の日付が申請日より後の場合、支給開始が遅くなることがあります。

お問い合わせ

所属課室:こどもみらい部こども相談課

電話番号:0467-61-3896

メール:k-sodan@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示