ホーム > くらし・環境 > 生活環境 > 環境保全 > 公害 > 微小粒子状物質(PM2.5)について

ここから本文です。

更新日:2021年3月29日

微小粒子状物質(PM2.5)について

 PM2.5とは

 大気中に浮遊している粒子のうち、粒径2.5μm以下の微小な粒子を“微小粒子状物質(PM2.5)”といいます。

粒子状物質は主に呼吸器系に沈着して健康に影響を及ぼすため、さらに小さな微小粒子状物質(PM2.5)は肺の奥まで達し、呼吸器系・循環器系及び肺がんの疾患が懸念されています。

 

微小粒子状物質(PM2.5)とは(神奈川県ホームページ)

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/pf7/pm/( 外部サイトへリンク )

 

高濃度予報に関するテレホンサービス(神奈川県)

電話050-5306-2686

 

PM2.5の濃度について

神奈川県ではPM2.5の常時監視を行い、測定結果等を公開しています。

高濃度予報や本日までのPM2.5濃度について(神奈川県ホームページ)

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f470290/(外部サイトへリンク)

 

市では、神奈川県においてPM2.5の高濃度予報が発令された場合には、注意喚起を促すために防災用行政無線、防災安全メール等でお知らせするとともに、ホームページでお知らせします。

 

PM2.5の高濃度予報が発令されたら

  • 不要、不急の外出をできるだけ減らしましょう。
  • 屋外活動での長時間の激しい運動をできるだけ減らしましょう。
  • 屋内での換気や窓の開閉を必要最小限にしましょう。

小さなお子さん、高齢の方、呼吸器系・循環器系の疾患がある方などは、その日の体調の変化に注意し、より慎重に心がけてください。

 

 

お問い合わせ

所属課室:環境部環境保全課環境保全担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3420

メール:hozen@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示