ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 手当て・助成 > 未熟児養育医療給付制度

ここから本文です。

更新日:2019年4月2日

未熟児養育医療給付制度

未熟児養育医療給付制度【こども相談課】

 平成31年4月1日から、未熟児養育医療給付制度に関する事務について、保険年金課からこども相談課へ事務を移管しました。
担当課の変更以外に、これまでの制度や手続きに変更はありません。

○未熟児養育医療給付制度とは

 出生時の体重が2,000g以下または身体の発育が未熟のまま出生した未熟児で、指定医療機関に入院し、養育を行う必要のある乳児(0歳児)に対して、諸機能を得るまでに必要な入院医療にかかる費用を、市で公費負担する制度です。 

 

助成範囲

医療保険の適用を受ける自己負担分(食事療養費含む)を助成します。
 

助成対象とならない費用

薬の容器代、ベッド差額、初診料(他の医療機関からの紹介なしに200床以上の病院を受診した場合)などの自己負担分は、助成の対象になりません。

 

○申請の手続きをされる際は、事前にこども相談課家庭支援担当までお問い合わせください。
各支所、市民サービスコーナー(大船ルミネウィング6階)、郵送、ファックス、電子メールでは、受け付けしておりません。

○必要書類等

1 養育医療給付申請書・・・保護者が記入

2 養育医療意見書・・・医療機関が記入

3 世帯調書・・・保護者が記入

4 所得税額証明書・・・生計を同一にする世帯全員分をご用意ください。

○各種申請書のダウンロードは、

申請書等ダウンロードサービス(医療費助成関係)

お問い合わせ

所属課室:こどもみらい部こども相談課家庭支援担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3896

メール:k-sodan@city.kamakura.kanagawa.jp