ここから本文です。

更新日:2019年11月27日

広報かまくら令和元年度12月1日号2面

1面から続き

今泉台の場合は…
“だったらいいな”の実現に向かって、みんなで!楽しく!課題解決!

政策創造課…内線2793

今泉台の課題

まちの高齢化で、コミュニティーの活力が低下

↓だったらいいな!

まちの目標

若い世代も住みたいまち!

みんなで考える

今泉台って、どんなとこ?

  • 大船駅までバスで20分、都心までは1時間。通勤が大変!
  • 山や湖など自然がいっぱい。子育てには最適!
  • 若い世代が少ない!

産官学民で課題などを考えます。

アイデアを出す

若い世代も住みたいまちって?

  • 通勤不要、テレワーク(注)しやすいまちにしよう!
  • 自宅がオフィスだったらいいな

住民の皆さんの意見を踏まえながら、解決策をみんなで発案。

(注)テレワーク:在宅勤務など、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと

アイデア実行

“だったらいいな”に一歩前進!

「働き方改革」を支援する家具メーカーが、「産(企業)」の役割で参画。テレワークを助ける家具、折り畳めるワークデスクが誕生しました。

国内のリビングラボで初!商品開発から販売に至りました

さらに進める!

アイデアを模索、試行を重ねる

  • 若い世代が生活しやすいまちって?
  • 他には何ができるだろう?

このような活動を通じて、産官学民で交流を深め、実現に進んでいきます。

次は、あなたも!

「鎌倉リビングラボ」は、現在では今泉台の課題にとどまらず、生活に密着したさまざまな課題に取り組んでいます。あなたの“だったらいいな”を実現する取り組みもあるかも?!皆さんも課題解決の場に参加してみませんか?参加は市ホームページか、タウンサポート鎌倉今泉台(npotski@gmail.com)へ。

タウンサポート鎌倉今泉台 青木清さん

自分の何げない生活のことを人に話すのは楽しいし、地域の課題解決に役立っていると思うとうれしいですね。参加したことで、普段の生活の中で自分が大切にしていることは何かを考えるきっかけにもなりました。


参加はこちらから(市ホームページ)
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/seisaku-souzou/livinglab.html

こんなことやってます(政策創造課Twitter)
https://twitter.com/kamakura_study

お問い合わせ

所属課室:共創計画部広報広聴課広報広聴担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp