ここから本文です。

更新日:2021年11月16日

広報かまくら平成29年度12月1日号8面

平成28年度 鎌倉市ふるさと寄附金 実績報告

市では、鎌倉の美しい自然や景観、貴重な歴史的遺産を大切にし、鎌倉の魅力を後世に引き継ぐために「鎌倉市ふるさと寄附金(ふるさと納税)」を市民の皆さんや全国から広くお受けしています。

平成28年度は、全国から3,923件、1億7,501万6,304円の寄附をいただきました。心より御礼申し上げます。寄附金は、寄附者の意向に沿って平成30年度に予算化し、各事業の充実に活用させていただきます。今後も鎌倉市ふるさと寄附金制度をよろしくお願いします。

ふるさと寄附金推進課 電話61―3845

使途別寄附一覧

  • 歴史的遺産や文化財の保全…寄附額:41,779千円、1,024件
  • 文化創造の発信 寄附額…1,816千円、47件
  • みどり等自然景観保全…寄附額:12,237千円、268件
  • 子育て支援…寄附額:24,563千円、541件
  • 学校教育の充実…寄附額:5,687千円、111件
  • 防災・安全…寄附額:7,991千円、145件
  • 道路整備…寄附額:4,969千円、127件
  • 観光の充実…寄附額:10,419千円、207件
  • 基金(基金の内訳を参照)…寄附額:28,089千円、594件
  • 使途指定なし…寄附額:37,466千円、859件

基金の内訳

  • 緑地保全基金…3,024千円(64件)
  • 風致保存基金…856千円(19件)
  • 遺児福祉基金…5,195千円(126件)
  • 就学援助基金…2,538千円(62件)
  • 教育文化施設建設基金…598千円(16件)
  • 一般廃棄物処理施設建設基金…374千円(8件)
  • スポーツ施設建設基金…1,734千円(34件)
  • 図書館振興基金…1,870千円(31件)
  • 景観重要建造物等保全基金…11,900千円(234件)

ふるさと寄附金の申し込み方法

応援してください

インターネットで

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」から。( 外部サイトへリンク )

市役所で

市ホームページで申請書を入手し、郵送・ファクス・Eメールか直接、ふるさと寄附金推進課(本庁舎1階)へ。

鎌倉市 ホンの気持ち寄附事業

~本・DVDなどのリサイクルで鎌倉市に寄附ができます~

不用となった本・DVD・CD・ゲームをご提供いただくと、売買代金相当額が市へのご寄附となる制度です。
寄附金は景観重要建造物等保全基金(旧図書館の保全・活用)に積み立てます。皆さんのご協力をお願いします。
【申し込み】嵯峨野 古本募金きしゃぽん 電話0120-29-7000(平日9時00分~18時00分)

成人のつどい 

青少年課 電話44ー2611

新成人の前途を祝福するため、成人のつどいを開催します。対象は平成9 年4月2日~10年4月1日生まれの人。12月1日現在本市に住民登録をしている人には、12月中旬ごろに案内状を郵送します。

  • とき…1月8日(月曜日・祝日)10時50分から
  • ところ…鎌倉芸術館

初詣は電車やバスで

  • 市民安全課…内線2319
  • 鎌倉警察署 電話23ー0110
  • 大船警察署 電話46ー0110

年末年始の鎌倉は、初詣に訪れる人で大変混雑します。市と警察では、安全で静かなお正月を過ごせるよう、鎌倉駅周辺を中心に車両通行止めなどの交通規制を行います。

【規制の期間】

  • 12月31日…午後11時~1月1日 午後5時
  • 1月2日・3日…午前9時~午後5時

「通行手形」を配布します

交通規制区域内の居住者か事業者で、区域内に車両の保管場所があり、交通規制期間中に車を運転する必要がある人に配布します。

  • とき…12月1日~28日の平日午前8時30分~正午と午後1時~5時
  • ところ…市役所第4分庁舎2階
  • 必要書類…運転免許証、事業者は事業所の所在地が分かるもの、駐車場を借りている人は駐車場契約書など

(注)すでに「通行手形」を持つ人は今年も使用できますので、申し込みの必要はありません

(注)車両登録番号(ナンバー)を変更した場合も、新たな番号を上書きして使用できます

(注)「通行手形」の配布の対象ではなく、交通規制区域内で車両を運転する必要がある人は、鎌倉警察署か大船警察署にご相談を

施設の休館

館内整理と展示替えなどのため、次の期間は休館します。

鎌倉国宝館

鎌倉国宝館 電話22ー0753

休館…12月4日~来年1月3日

鎌倉歴史文化交流館

鎌倉歴史文化交流館 電話73ー8501

休館…12月10日~来年1月3日

鏑木清方記念美術館

鏑木清方記念美術館 電話23-6405

企画展 清方と祝う正月

鏑木(かぶらき)清方(きよかた)は、正月で賑わう街や人々の様子を描き、随筆にも趣豊かに書き残しています。本展では、明治~昭和の東京の新春を描いた作品や口絵、名押絵師・永井周山の押絵羽子板とともに、正月を祝う清方の心情を随筆から紹介します。

  • 主な展示作品…「松のうち」(昭和31年)、「元日の朝」(『婦人世界』口絵・明治45年)、押絵羽子板「明治風俗十二ヶ月」(昭和10年)ほか
  • とき…12月8日(金曜日)~1月14日(日曜日)午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)
  • 休館日…月曜日(1月8日は開館)、12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)・9日(火曜日)
  • 展示解説…第2・4土曜日、午後1時30分から
  • 入館料…一般200円、小・中学生100円(市内の小・中学生と65歳以上の人は無料)

新春福引き

全員に景品が当たります。

とき…1月4日(木曜日)~14日(日曜日)

ワークショップ 日本画材を使って、円や扇型の画面に絵を描こう

初心者向けの画材で描きます。画材は同館で用意。定員各12人程度。800円(入館料別途)。

とき…12月17日(日曜日)

  1. 午後1時~2時30分
  2. 午後3時~4時30分

【申し込み】電話で同館へ

日本画家の個人美術館を巡ろう!~鎌倉・葉山

近代数寄屋建築の名建築家・吉田五十八(いそや)が設計した画室をこよなく愛した清方と山口蓬春(ほうしゅん)の両記念美術館が連携した企画です。

詳細は同館のチラシやホームページをご覧ください。

とき…12月2日(土曜日)~2月25日(日曜日)

お問い合わせ

所属課室:共生共創部広報課広報担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示