ホーム > 市政情報 > 寄付 > 鎌倉市ふるさと寄附金

ここから本文です。

更新日:2021年7月2日

鎌倉市ふるさと寄附金

「ふるさとチョイス」「さとふる」を利用してふるさと納税ができます。

ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」からふるさと納税ができます。

ふるさとチョイスバナー1.(外部サイトへリンク)

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」からふるさと納税ができます。

satofuru(外部サイトへリンク)

メルカリ寄付受け付けています。

鎌倉市では、メルペイ残高を利用した寄附ができます。

merukari(詳しくはこちら)kifugamen

 

ふるさと納税ガイドに鎌倉市が紹介されました

nouzei( 外部サイトへリンク )

災害支援代理寄附の受付を終了しました

災害等により被災した自治体は、罹災証明書等の発行をはじめとした自治体内の復興業務に多数の職員が必要となるため、ふるさと寄附金の受付や、寄附者への受領書の発行などの膨大な事務を行うことが困難となります。

そこで、被災地の自治体職員が復興業務に注力できるよう、代理でふるさと寄附金の受け付け等の業務を請け負い、後日、被災した自治体に寄附金を届ける仕組みが、災害支援代理寄附です。

 

鎌倉市では、「令和3年福島県沖地震」や「令和3年足利市山林火災」で甚大な被害を受けた福島県新地町、宮城県山元町、栃木県足利市の代理寄附を行ってきました。

このたび被災自治体と協議を行ったところ、被災自治体内が通常業務体制となったことが確認できたことから、令和3年(2021 年)5月 31 日をもって代理寄附受付を終了しました。

代理寄附で受け付けた寄附金は、今後、被災自治体へお届けします。

たくさんのご寄附をありがとうございました。

 

代理寄附の開始日

福島県新地町 令和3年(2021年)2月18日

宮城県山元町 令和3年(2021年)3月4日

栃木県足利市 令和3年(2021年)2月24日

 

代理で受け付けた寄附金額

福島県新地町 106 件 1,161,500 円

宮城県山元町 22 件 425,000 円

栃木県足利市 824 件 11,090,888 円

鎌倉市内の地域経済対策や感染症予防対策のため、ご支援をお願いいたします

申し込みページへは、こちらをクリック(外部サイトへリンク)してください。

新型コロナウイルス感染拡大防止による影響を受けている市内経済活性化のため、ふるさと寄附金の仕組みなどを活用して、支援の循環を生み出すプロジェクトを実施しています。

(1)店舗での販売による支援

市のコロナウイルス対策に対し、商品の売上の一部を寄附していただける事業者を募集しています。本プロジェクトに賛同いただいた協力事業者の商品を「がんばろう鎌倉!推奨品」として位置づけます。

「がんばろう鎌倉!推奨品」として位置づけられた商品は、お客様に購入していただくことが、新型コロナウイルス対策、そして、鎌倉を元気にすることにつながることを店舗にてPRしていただけます。

本プロジェクトに賛同いただける事業者については「がんばろう鎌倉!推奨品」申込書を(企画計画課ふるさと寄附金担当アドレス:furusatokifu@city.kamakura.kanagawa.jp)宛にメールでお送りください。

  • お申込みいただけるのは、神奈川県信用保証協会の保証対象業種である店舗で、次に掲げる業種は除きます。
    ●金融・保険業(ただし、保険代理店は除きます。)●風俗関連営業
    ●食事の提供を主目的としない飲食業(バー・スナックなど)
    ●パチンコ、スロットマシンなどの娯楽業●易断所・観相業・相場案内業
    ●興信所、探偵業・集金業、取立業・政治団体・宗教団体

(2)ガバメンドクラウドファンディング(GCF)へのご協力をありがとうございました

全国より198名もの方々から、目標金額1000万円を上回り、11,449,000円ものご寄附をいただきました。
本当にありがとうございました。

皆様からたくさんの応援メッセージをいただき、改めて鎌倉の賑わいを未来へ繋ぐため、一層尽力していかなければならないと強く感じています。
今後、頂きました寄附金は、感染症対策や市内経済活性化のためのに市内事業者を支援する等、大切に活用させていただきます。

引き続き、鎌倉市へのご支援賜りますようよろしくお願いいたします。
 

【新型コロナウイルス被害事業者向け支援プロジェクトを活用し、市内のふるさと寄附金返礼品事業者のPRを強化しています

  • 新型コロナウイルスによる様々な自粛の影響を受け、観光地である鎌倉の事業者において、売上の低迷など大きな影響が出ています。
    そのため、市内の経済対策として、支援対象の寄附金返礼品事業者が取り扱うお礼の品を、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」の掲載特集ページ「新型コロナウイルス被害事業者向け支援プロジェクト」に掲載していますので、応援をよろしくお願いいたします。
knona2(外部サイトへリンク)
  • 鎌倉市内在住の方に返礼品を贈呈することはできません。

【ふるさと納税の対象となる地方団体の指定】

【鎌倉市にお住まいの方へ】

  • ふるさと納税制度の改正に伴い、平成31年(2019年)4月1日に総務省の告示により、『自団体住民に返礼品等を提供しないこと』が定められたことを受け、令和元年(2019年)5月1日以降の市民の皆様からのご寄附に対しては、返礼品を贈呈することができなくなりました。
  • なお、返礼品の贈呈はなくなりますが、本市への寄附は引き続き税額控除の対象となるとともに、使い道を指定することで、皆様の意思を市の施策に反映させることができますので、鎌倉市ふるさと寄附金を通じて応援をいただけますと幸いです。今後とも本市へのご理解とご協力をお願い申し上げます。
  • ふるさとチョイスで寄附を行い、鎌倉市のポイントを保有していらっしゃる方は、寄附日から2年間は有効となっております。有効期限に変更はございませんので、期限内にポイントをご利用していただきますようお願いいたします。

鎌倉の美しい自然や景観、貴重な文化財を大切にし、次世代に引き継いでいくため、鎌倉を愛する皆さま、「鎌倉市ふるさと寄附金」へのご協力をお願いします。

お問い合わせ

所属課室:共生共創部企画課ふるさと寄附金担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎4階

電話番号:0467-61-3845

ファクス番号:0467-23-8700(代表)

メール:furusatokifu@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示