ホーム > 鎌倉市学校職場環境改善プラン

ここから本文です。

更新日:2019年7月23日

鎌倉市学校職場環境改善プランの実施について

 鎌倉市小・中学校教職員の働き方改革

  教職員が生き生きと働くことができる職場づくりを進め、子どもたちと向き合う時間を確保することにより、子どもたちの健やかな育ちにつながるよう、教職員の負担軽減を目指して、「鎌倉市学校職場環境改善プラン」を平成30年2月に策定しました。

  また、教職員の安全衛生体制について学校と教育委員会が総括的に取組むため、平成30年11月に、「鎌倉市立学校教職員安全衛生管理規程」を制定しました。学校訪問産業医の設置、学校で毎月の衛生懇談会の実施及び報告、教職員の安全衛生及び職場環境について検討・審議する鎌倉市立学校教職員安全衛生協議会の設置及び開催等について定めています。

   鎌倉市立学校教職員安全衛生管理規程(PDF:147KB)

鎌倉市立学校教職員安全衛生協議会の開催について

  鎌倉市立学校安全衛生管理規程に基づき、第1回協議会を開催し、各学校で実施している衛生懇談会の方向等をもとに、教職員のおかれている現状及び学校の職場環境改善について意見交換を行いました。学校訪問産業医 橋本 隆平先生にも、教職員の健康及び精神衛生の向上、労働安全衛生法における各学校の責務・目的等についてご指導をいただき、今後の職場環境の向上につなげていきたいと考えています。

 第1回鎌倉市立学校教職員安全衛生協議会議事録(PDF:244KB) 

 ≪協議会の様子≫令和元年(2019年)5月23日(木曜日)実施

 

 kyougikai

*実施しています*

  留守番電話の設定

      【設定開始日】平成30年7月10日(火曜日) ※通年で設定します

  学校閉校日の実施(予定)

      令和元年(2019年)8月11日(日曜日)から8月15日(木曜日)まで

プラン策定の経緯

  教職員の多忙化が社会問題となる中、 鎌倉市教育委員会では、教職員が心身ともに健康で教育活動に専念できる職場環境のあり方について検討するため、平成29年6月に鎌倉市学校職場環境改善検討会を設置しました。

  まず第一に、教職員の置かれている業務の現状を把握するため、平成29年7月に教職員勤務実態調査を実施しました。その結果、教職員が多岐にわたる業務を抱え、勤務時間外にも多くの業務を行っている実態が明らかとなりました。

  調査結果をもとに、多忙や職場環境の改善に必要な具体策を検討するため、6回の鎌倉市学校職場環境改善検討会を経て、プランを策定しました。 

 鎌倉市学校職場環境改善検討会

   第1回から第4回については、鎌倉市教育委員会職員及び校長会代表で協議を重ねました。第5回、第6回については、平成29年度文部科学省学校業務改善アドバイザー事業を活用し、教育研究家 妹尾 昌俊先生にご助言をいただきました。全国各市の実例に基づく助言と指導をいただき、実施後の効果検証等についてもアドバイスをいただきました。

アドバイスをいただいた内容

・夏季休業中の学校閉校日の設定

・勤務時間外の留守番電話の設定

・部活動の休養日の設定

・教職員の出退勤管理

・給食の公会計化

・教職員の意識改革

  

        

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育部学務課教職員担当

鎌倉市御成町12-18 鎌倉水道営業所 庁舎2階

電話番号:61-3791

メール:kyosyoku@city.kamakura.kanagawa.jp