ホーム > 市政情報 > 情報公開・オープンデータ > 鎌倉市オープンデータポータル > オープンデータ推進における民間企業からの研修員受入れについて

ここから本文です。

更新日:2017年11月20日

オープンデータ推進における民間企業からの研修員受入れについて

鎌倉市では、共創のまちづくり、オープンガバメントの推進を掲げ、オープンデータ、市民・企業との協働を進めており、平成28年5月に策定した「鎌倉市オープンデータの推進に関する指針」に基づき、データの具体的な活用に取り組んでいるところです。
これらの取組を加速するに当たり、更なる官民連携を推進する観点から、民間人材のノウハウやネットワークを更に活用するため、「コード・フォー・ジャパン(※1)」が自治体に民間企業の人材を研修員として派遣する「コーポレートフェローシップ(※2)」プログラムを活用し、民間企業の人材受入れを行っています。

(※1)コード・フォー・ジャパン:市民参加型のコミュニティ運営を通じて、地域の課題を解決するためのアイデアを考え、テクノロジーを活用して公共サービスの開発や運営を支援していく非営利団体です。

 

(※2)コーポレートフェローシップ:民間企業から自治体へ職員を派遣し、地元の市民団体と共に地域の課題解決を行っていくことを通じて、コト作り人材を育成しながらCSR効果も期待する短期研修プログラムです。複雑な地域課題に対して、市民協働やIT活用といった視点を持って活動することで、人材育成やオープンイノベーションの知見を蓄え、新規事業やサービス開発のヒントを得ることができます。企業の職員を3ヶ月間、週1~2日程度自治体に派遣して、地域コミュニティとともに地域課題を解決する、プロジェクトベースラーニングです。コード・フォー・ジャパンによる事前レクチャーと派遣中のサポートを受けられます。

平成29年度 研修員の活動new!!

「セカンドライフ」をテーマにみんなで語るワークショップを開催します!!

   研修員の中井さんがファシリテーター役となり、ワークショップを開催します!!参加費は無料です。
   エモグラフィやスパイラルマップを用いて、「セカンドライフ」についてみなさんで語りましょう!!
   
   ・日時:平成29年11月28日(火)
        13:30~16:00  
   ・場所:鎌倉市福祉センター(2階 第1・2会議室)
   ・定員:50名程度
   ・申込方法:鎌倉市役所 経営企画部 政策創造課までご連絡ください。
           TEL:0467-23-3000 内線 2792
           e-mail:souzo@city.kamakura.kanagawa.jp

     ・ご案内チラシ(PDF:493KB)
   ・エモグラフィ、スパイラルマップとは・・(PDF:472KB)  

平成29年度下期の受入れを開始しました!

研修員

デジタルフロント事業本部デジタルフロントセンター 中井 真莉子

研修期間

平成29年11月16日(木)から平成30年2月15日(木)まで

受入所属

   経営企画部政策創造課

担当業務

オープンデータの整備と活用に関する業務

·庁内データの洗い出し・カタログ化とデータのあり方についての検討
·行政データの可視化及び統計分析
·庁内職員のデータリテラシーの向上に向けた取組(ワークショップ等含む)の企画立案・実施
·オープンデータの民間による活用を促すための取組
など

詳細は、コード・フォー・ジャパンのウェブサイトをご覧ください。
http://www.code4japan.org/( 外部サイトへリンク ) 

記者発表資料はこちら(PDF:158KB)

[終了しました] 平成29年度下期の受入人材を公募しています。

受入れ課

経営企画部政策創造課

期間

2017年11月から2018年1月まで(予定)

業務目標

オープンデータの整備と活用に関する業務

·庁内データの洗い出し・カタログ化とデータのあり方についての検討
·行政データの可視化及び統計分析
·庁内職員のデータリテラシーの向上に向けた取組(ワークショップ等含む)の企画立案・実施
·オープンデータの民間による活用を促すための取組
など

 

 

詳細は、コード・フォー・ジャパンのウェブサイトをご覧ください。
http://www.code4japan.org/( 外部サイトへリンク )

 

受入れ実績

受入れ課

経営企画部政策創造課

期間

2016年12月以降(3ヶ月間)

受入れ人材

NEC(日本電気株式会社) SI・サービス市場開発本部  松井 亮冶

担当業務

オープンデータ推進に関する業務

·庁内データの洗い出し・カタログ化とデータのあり方についての検討
·行政データの統計分析による地域課題の分析及び可視化
·庁内職員のデータリテラシーの向上に向けた取組(ワークショップ等含む)の企画立案・実施
·オープンデータの民間による活用を促すための取組
など

 

 

詳細は、コード・フォー・ジャパンのウェブサイトをご覧ください。
http://code4japan.org/corporate-fellowship(外部サイトへリンク)

 

 

記者発表資料はこちら(PDF:163KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:経営企画部政策創造課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-23-3000

メール:souzo@city.kamakura.kanagawa.jp