ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 災害に便乗した悪質な商法に注意してください

ここから本文です。

更新日:2021年7月2日

災害に便乗した悪質な商法に注意してください

「豪雨の影響で屋根が傷んでいるかどうか無料で点検してあげる」「瓦がずれているから、すぐに屋根の修理をしたほうがよい」など、電話や訪問により、見知らぬ事業者から勧誘される住宅修理工事契約についての相談が多く寄せられています。

  • 契約を迫られても、その場ですぐに契約をすることはやめましょう。住宅の修理が必要な場合でも、「複数の事業者から見積りをとる」「周囲に相談する」など、契約は慎重に行いましょう。
  • 「市から補助金が出る」「市の委託を受けている」などの事業者の説明をうのみにせず、必ず市役所に確認をとりましょう。
  • 契約後でも、クーリング・オフができる場合もあります。

まずは、一人で悩まず、消費生活センターにご相談ください。

鎌倉市消費生活センター 0467-24-0077 (平日午前9時30分~午後4時)

消費者ホットライン(全国統一番号) 局番なし188(イヤヤ) 消費生活センター閉所時に他の消費生活相談窓口をご案内します。


お問い合わせ

所属課室:共生共創部地域共生課消費生活担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-23-3000

内線:2358

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示