ホーム > くらし・環境 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 固定資産税の路線価と相続税の路線価の違いについて

ここから本文です。

更新日:2021年3月10日

固定資産税の路線価と相続税の路線価の違いについて

路線価とは、宅地の評価額の基準となる道路につけられた価格のことで、道路に接する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価格を言います。市において算定される「固定資産税路線価」と国税庁において算出される「相続税路線価」があります。

固定資産税路線価と相続税路線価

名称

目的

価格の目安 お問い合わせ先

固定資産税路線価

固定資産税の課税のため 地価公示価格等の7割程度 資産税課
相続税路線価 相続税、贈与税等の課税のため 地価公示価格等の8割程度 ※鎌倉税務署

※鎌倉税務署〒248-8501鎌倉市佐助1-9-30電話:0467-22-5591(代表)

お問い合わせ

所属課室:総務部資産税課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

土地評価担当 電話番号:0467-61-3934(直通)
メール:sisanzei@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示