ここから本文です。

更新日:2021年9月28日

生環審平成21年諮問

諮問の内容

鎌環施第149号

平成21年1月16日

鎌倉市生活環境整備審議会

会長栗原英隆様

鎌倉市長石渡德一

 

鎌倉市一般廃棄物処理施設の再編整備のあり方について(諮問)

 

今日、資源の消費を抑制し、環境への負荷をできるだけ少なくする循環型社会の形成を推進していくことは、国際的な課題となっております。

本市の廃棄物行政は、循環型社会の形成を推進するため、「第2次鎌倉市一般廃棄物処理基本計画ごみ処理基本計画」において、市民、事業者、市が連携・協働して3Rを推進し、廃棄物の焼却量や埋め立てによる最終処分量を限りなくゼロに近づける「ゼロ・ウェイストかまくら」の実現を目指すことを基本理念としています。

こうしたことから、本市のごみの減量化・資源化を一層推進するための将来に向けた一般廃棄物処理施設の再編整備のあり方について、鎌倉市生活環境整備審議会のご意見をいただきたく諮問します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:環境部環境施設課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3625

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示