ここから本文です。

更新日:2021年5月25日

生環審平成25年諮問

諮問の内容

鎌環施第156号
平成25年8月20日

鎌倉市生活環境整備審議会
会 長  横 田  勇  

鎌倉市長  松尾 崇
 

 

鎌倉市ごみ焼却施設基本計画の策定について(諮問)

  

 現在、本市には名越クリーンセンター及び今泉クリーンセンターの二つのごみ焼却施設がありますが、今泉クリーンセンターは平成26年度末に焼却を停止するとともに、名越クリーンセンターについては、現在、基幹的設備改良工事に取り組んでおり、平成27年度以降は、名越クリーンセンターのみでごみの焼却を行っていくことになります。

 本市としましては、今後も引き続き、様々なごみ減量・資源化施策に取り組んで参りますが、概ね10年後には、必ず新たな焼却施設が必要となるため、当審議会からもご意見等を頂きながら、平成25年6月に鎌倉市ごみ焼却施設基本構想を策定し、本市の行政計画としたところでございます。

 将来のごみ処理の安定化をはかるためには、本基本構想に基づき、「鎌倉市ごみ焼却施設基本計画」を策定し、新たな焼却施設を建設することが命題となるため、生活環境整備審議会に「鎌倉市ごみ焼却施設基本計画の策定について」を諮問いたします。

 

 

お問い合わせ

所属課室:環境部環境施設課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3625

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示