ここから本文です。

更新日:2020年3月31日

パートナーシップ宣誓制度相互協定

パートナーシップ宣誓制度自治体間相互利用の実施について

パートナーシップ宣誓制度を実施している横須賀市、鎌倉市、令和2年4月から同制度を実施する逗子市の三市は、同制度を利用している方が、三市間で住所を異動しても安心していきいきと生活し、個性を発揮できるよう支援することを目的に「パートナーシップ宣誓制度の相互利用に関する協定書」を締結しました。

相互利用の概要

横須賀市、逗子市及び鎌倉市で、パートナーシップ宣誓を行った市民が、三市間で住所を異動する場合、転出時に継続利用申請を行うことで、転出先で新たな宣誓を行うことなく宣誓が継続し、既に交付済みの宣誓証明書または宣誓書受領証が継続使用できるものです。これにより、利用者の方の手続きの負担と精神的な負担を軽減しサービスの向上を図ろうとするものです。今後、県内自治体でパートナーシップ宣誓制度を開始した自治体へ加入を促し、利用者の利便性を高めていきます。

相互利用開始日

令和2年4月1日(水曜日)

締結する協定

パートナーシップ宣誓制度の相互利用に関する協定書

協定のイメージ

イメージ 

添付資料

 記者発表資料(PDF:733KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:共創計画部文化人権課人権・男女共同参画担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3870

メール:jinken-danjo@city.kamakura.kanagawa.jp