ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種について > 風しんの追加的対策に伴う抗体検査と予防接種の実施について

ここから本文です。

更新日:2019年6月6日

風しんの追加的対策に伴う抗体検査と予防接種の実施について

平成31年(2019年)2月1日付けで予防接種法施行令等の一部が改正され、令和4年(2022年)3月31日までの

3年間に限り、昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)生まれの男性が、風しんに係る定期の予防接種

(風しん第5期)の対象者として追加されました。

風しん第5期定期予防接種を受けるには、まずは風しん抗体検査を受け、十分な抗体価がないことを確認する

必要があります。

風しん抗体検査対象者

鎌倉市に住所を有する方で、昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日生まれの男性

ただし、過去に予防接種を受けた等により、抗体を十分に保有している方は対象から除きます。

風しん予防接種対象者

鎌倉市に住所を有する方で、昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日生まれの男性で、

風しんの抗体検査の結果、十分な抗体価がない方

 

平成26年4月以降に抗体検査を受け、十分な抗体価がないということが判明している方は、その検査結果の

書類を医療機関にお持ちいただくことで、抗体検査を受けずに予防接種を受けることができます。

 

予防接種は麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)を使用します。

クーポン券について

令和元年(2019年)6月頃に、昭和47年(1972年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日生まれの男性へ

クーポン券を発送予定です。

昭和37年(1962年)4月2日から昭和47年(1972年)4月1日生まれの方も、ご希望の方はクーポン券の発行が

できますので、令和元年(2019年)6月以降に、お問合せください。

風しん抗体検査及び予防接種の受け方

抗体検査・予防接種までの流れ(PDF:650KB)

※事業所健診と合わせて受けられる場合があります。勤務先の企業で同時受診が可能であるか、ご確認ください。

抗体検査及び予防接種が受けられる医療機関

クーポン券を利用し、全国の実施医療機関で受診可能です。

全国の実施医療機関( 外部サイトへリンク )

実施医師の氏名は、各医療機関に掲示しています。

制度に関するQ&Aについても、こちらをご確認ください。

費用および持ち物

【費用】

無料

【持参するもの】

・無料クーポン券

・本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)

・予防接種を受ける場合は、風しんの抗体価が低いと判定された検査結果の書類

風しんとは

風しんについて、詳しくは下記のリンク先をご参照ください。

厚生労働省ホームページ(風しんについて)( 外部サイトへリンク )

国立感染症研究所ホームページ(風疹とは)( 外部サイトへリンク )

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部市民健康課健康づくり担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3942

メール:shikenko@city.kamakura.kanagawa.jp