ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 助成・制度等 > 生ごみ処理機購入費助成制度

ここから本文です。

更新日:2022年11月16日

生ごみ処理機購入費助成制度

鎌倉市では、各家庭での生ごみの減量化、資源化を推進するため、市民の皆さんが生ごみ処理機を購入する場合、購入費の一部を助成しています。

助成金は予算の範囲内での交付となります。

お知らせ

令和4年(2022年)4月1日から生ごみ処理機の助成制度が変わりました。

これまで、助成額については1台当たり上限4万円としていましたが、近年申請数が増加している状況を踏まえ、予算の範囲内で多くの市民の皆様に助成するため、助成の上限額を令和4年(2022年)4月1日から変更することとなりました。

変更前

変更後

令和4年(2022年)3月31日まで 令和4年(2022年)4月1日から
助成上限額:4万円 助成上限額:3万円

申請期間:購入から1年以内

申請期間:購入から6ヶ月以内

 

  • 令和4年(2022年)3月31日以前に購入(領収書の日付)した場合は、同年4月1日以降の申請でも助成の上限は4万円、申請期間は1年以内です。
  • 生ごみ処理機購入費の助成率(電動75%、非電動90%)は変更ありません。
  • インターネット通信販売を利用される方は、領収書に記載の注文日が購入日になります。

お知らせチラシ(PDF:314KB)

生ごみ処理機とは?

助成の対象は?

  • 購入時申請時において、鎌倉市にお住まいの方(住民登録されている方)
  • 生ごみ処理機を購入して、使用する一般家庭の方
  • 鎌倉市の市税を滞納していない方
  • 暴力団員等でない方
  • 生ごみ処理機の使用状況調査に協力してくださる方

事業所で使用する場合は、助成の対象になりません。

中古品、自作のための材料費、オーダーメイド(製品として一般に流通していないもの)、ふるさと納税の返礼品及び個人売買のものは、助成対象外です。

購入日から6か月経過した生ごみ処理機は、助成対象になりませんのでご注意ください。

ディスポーザーについては設置前に下水道経営課への申請が必要です。

助成対象台数は?

1世帯につき、電動型は1台、非電動型は2台まで助成を受けられます。

電動型と非電動型や、機種が異なる非電動型を同時に購入する場合は、それぞれ別の申請書を提出してください。

助成金を受けた生ごみ処理機の購入日から5年を経過した場合、新たに助成を受けることができます。ただし、5年を経過する前に破損、故障等により修理が困難となり、買い替える場合には、助成できる可能性があります。必ず処分・新規購入する前に、市役所ごみ減量対策課までご相談ください。

バイオ式生ごみ処理機等、処理機本体と微生物等が別売りで、その微生物等を使用しなければ処理機の機能を発揮できない機種(ボカシ使用のバケツ型やミミズを使用する生ごみ処理機)については、生ごみ処理機使用開始にあたり必要最低限な量の微生物等で、生ごみ処理機本体と同じ店舗で同じ日に購入したものが助成対象になります。

コンポスト型や電動型生ごみ処理機は、本体のみが助成の対象です。

どんな生ごみ処理機が助成の対象になるの?

(注)生ごみ処理機の詳しい特徴や概ねの価格については、「代表的な生ごみ処理機の種類と特徴」をご覧下さい。

電動型

乾燥型 (代表的な機種の例)

  • 生ごみを熱風により乾燥処理し、約1月7日に減容します。
  • 処理時間は概ね2時間前後です。
  • 使用方法は生ごみを入れてスイッチを押すだけです。

バイオ・消滅型 (代表的な機種の例)

  • 基材のバイオ(微生物)により、生ごみを水と炭酸ガスに分解します。
  • 定期的に中身のチップの補充が必要です。
  • 使用方法は生ごみを入れてフタをするだけです。

矢印

1台まで (注1)
75% 助成
助成額の上限は30,000円です (注2)

非電動型

コンポスト(堆肥)型(屋外型) (代表的な機種の例)

  • 土の中の微生物により生ごみを分解し堆肥化します。
  • 約3か月~半年で堆肥化します。
  • 生ごみと土や落ち葉を入れてかき混ぜます。

バケツ型(屋内型) (代表的な機種の例)

  • 発酵資材によりバケツの中で生ごみを発酵させ堆肥化します。
  • 2週間前後で発酵し堆肥の素ができます。
  • 生ごみを入れて発酵資材をふりかけかき混ぜます。

矢印

2台まで (注1)
90% 助成
助成額の上限は30,000円です (注2)

注1-一世帯につき電動型:1個、非電動型:2個までです。

注2-算出された助成金額の100円未満の端数は切り捨てとなります。詳細は申請書をご参照ください。

どうやって申請するの?

  1. 申請書に署名及び必要事項を記入(注4)。
  2. 領収書

上記書類を市役所ごみ減量対策課もしくは各支所窓口にご提出ください。(郵送でも結構です)

申請書、領収書の記載内容に不備がある場合は、再提出をお願いすることがあります。

申請にご不明な点がある方は、事前にご相談ください。

注意事項

  • 購入日から6か月以内に申請してください。6か月を超えたものは、助成できません。
  • 家電量販店・カード等のポイント充当分の使用は助成対象外です。 
  • 消えるボールペンで記入したものは受け付けられません。
  • 領収書には、申請者氏名、金額(消費税・送料を含む)(注5)、商品名(メーカー名・型番を含む)、販売店名が必要です。(領収書以外の明細書、購入証明書等は不可です。)
  • 注4-原則として振込先口座は申請者の名義口座です。
    (同一世帯の家族名義の口座への振込を希望する場合は委任状の記入が必要です)
  • 注5-申請金額は本体価格+消費税+送料となります。(設置費用・保証費用などは含まれません)

支払について

申請書類は、毎月月末を締日とし、1か月分まとめての支払処理となります。

たくさんの申請をいただいており、書類の審査に時間を要しています。お支払いは、受付月の翌々月を予定しております。

郵送や支所等で月末にご提出いただいた場合は、ごみ減量対策課での受付が次の月になることがあります。その場合、お支払いまで約3か月お待ちいただくこととなりますのでご了承ください。

申請書等ダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、下記リンク先から無料ダウンロードしてください。

鎌倉市ホームページについて

お問い合わせ

所属課室:環境部ごみ減量対策課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3396

メール:gomi@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示