ホーム > くらし・環境 > 動物 > ふるさと寄附金の使い道が広がりました!~動物愛護の推進

ここから本文です。

更新日:2020年10月30日

ふるさと寄附金の使い道が広がりました!~動物愛護の推進

「エコ&クリーンで人にも動物にもやさしい街をつくるために…」~動物愛護の推進等~

ふるさと寄附金の使い道にぜひご検討ください!

猫画像1

ふるさと寄附金の使い道が広がり、動物愛護の推進のためにも活用できるようになりました。
市では、動物愛護推進事業として下記のような事業を行っています。

動物愛護推進事業で行っている事業の一例

飼い主のいない猫対策事業補助金

  • 飼い主のいない猫対策事業補助金
    適正な飼養を受ける機会を与えられないまま遺棄された飼い主のいない猫が繁殖することを防止するため、鎌倉市内の飼い主のいない猫に不妊又は去勢手術を行い、かつ地域内で適正に管理している団体に補助金を交付する制度です。

飼い猫に対する不妊去勢手術(動物愛護推進事業)補助金

マイクロチップ装着推進事業補助金

  • マイクロチップ装着推進事業補助金
    飼い犬、飼い猫が迷子、災害などで逸走してしまったときに飼い主のもとへ早期返還するために、マイクロチップ装着費用の一部を補助します。

これらの事業に関心をお持ちの方は、ご寄附いただく際に、ふるさと寄附金のポータルサイトなどで、使途として「エコ&クリーンで人にも動物にもやさしい街をつくるために・・・」の項目をお選びいただくことでこの事業に寄附をすることができますので、ぜひ応援してください!

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:環境部環境保全課動物保護管理担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3454

メール:bika@city.kamakura.kanagawa.jp