ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 一人暮らし、高齢者世帯対象サービス

ここから本文です。

更新日:2021年8月11日

一人暮らし、高齢者世帯対象サービス

目次

  1. 配食サービスに対する助成
  2. 緊急通報装置の貸出し
  3. 高齢者見守り登録制度
  4. 訪問理美容サービス助成券交付
  5. 紙おむつ支給
  6. 声かけふれあい収集
  7. 福祉有償運送

配食サービスに対する助成

サービス内容

月曜日から土曜日まで(年末年始を除く)のうち希望する曜日の夕食を、ご本人に手渡しで提供します。

次の中から、配食業者や食事内容を選択できます。

1. キッチンかまくら(普通食、やわらか食、ミキサー食)

2. 宅配クック1・2・3(普通食、やわらか食、カロリー塩分調整食、たんぱく塩分調整食、ムース食、健康ボリューム食)

3. まごころ弁当(普通食、カロリー調整食、たんぱく調整食、ムース食)

4. 配食のふれ愛(普通食、カロリー調整食、たんぱく調整食、ムース食)

5. 和の会(普通食)

6. ハレルヤ(普通食、やわらか食、カロリー調整食、低たんぱく食、ムース食)

7.ライフデリ鎌倉店(普通食、やわらか食、カロリー調整食、ムース食、透析食、腎臓食)

助成対象者

次のいずれかに当てはまる場合、配食サービスを利用できます。

  1. 65歳以上で、介護保険の要介護4または5の介護認定を受けている方
  2. 次の2つの条件を両方満たす方
  • 世帯の全員が65歳以上で、かつ調理が困難で支援が必要である
  • 利用対象者の合計所得金額が160万円未満である。

介護保険料を滞納している方は利用できません。

助成額及び1食あたりの利用料

市からの助成額(200円及びその消費税額相当)を、配食業者の提供価格からを差し引いた金額でご利用いただけます。

なお、市の助成を受けて利用する場合と自費で利用する場合では、提供価格(定価)が異なる場合があります。

申し込み先

  1. 介護保険のサービスを利用されている方(ケアプランがある方)は、担当ケアマネジャーへ
  2. 上記以外の方は、各地域ごとに担当が決まっている地域包括支援センター

 ※担当ケアマネージャー・地域包括支援センターの方へ

最新の申請書は、下記からダウンロードしてください。

また、高齢者いきいき課いきいき福祉担当窓口(鎌倉市役所本庁舎1階8番窓口)でもお渡ししています。

申請から認定まで、2週間程度かかります。

配食業者を変更する場合にも申請が必要です。事業者の変更には1、2か月程度かかります。

令和3年度高齢者配食サービス事業委託契約のための受託事業者募集について

調理が困難な一定所得以下の在宅高齢者に対する安否確認を兼ねた食事の配達について、委託事業者を随時募集しています。契約期間は、契約締結から令和4年(2022年)3月31日までです。

 令和3年度鎌倉市配食サービス事業受託事業者募集要項 (ワード:18KB) (PDF:177KB)

 鎌倉市配食サービス事業仕様書 (ワード:21KB) (PDF:238KB)

 鎌倉市高齢者配食サービス事業単価見積書兼受託申込書 (ワード:53KB) (PDF:156KB)

緊急通報装置の貸出し

緊急時、ボタンを押すことで24時間対応のコールセンターにつながる、通報装置及びペンダント型の無線発信機を貸し出します。

コールセンターは、次のことに対応します。

  1. 地域の協力員に駆けつけるよう連絡を入れる(早朝・深夜を除く)。
  2. 救急車を要請する。

利用できる方

世帯の全員が次のいずれかに当てはまり、親族が近く(概ね徒歩15分圏内)にお住まいでない方

  1. 65歳以上の方
  2. 40歳から64歳までの方で、介護保険の要介護または要支援の介護認定を受けている方

なお、65歳以上の一人暮らしの方は、高齢者見守り登録制度の登録が必要です。

装置の貸出し料

世帯の方の、介護保険料段階により異なります。

  1. 介護保険料段階が10段階から16段階までの人を含む世帯は、月々1,650円です。
  2. 介護保険料段階が10段階から16段階の人を含まず、8段階から9段階の人を含む世帯は、月々1,100円です。
  3. 介護保険料段階が1段階から7段階の人のみの世帯(生活保護受給世帯を除く)は、月々575円です。
  4. 生活保護受給世帯は、無料です。

取付け時の設置料、機器の待機電力料が別途必要です。

注意事項

  1. 利用する場合は、徒歩5分程度に在住の協力員を2人探してください(地域での協力員は、民生委員を含めて計3人必要です)。
  2. 貸出し機材(ペンダント型の無線発信機を含む。)を紛失した場合は、利用者の負担となります。
  3. 電話線を利用します。携帯電話・PHS・ISDN回線・IP電話には接続できません。
  4. 機器の貸出し台数が決まっており、キャンセル待ちの場合は、設置まで時間がかかります。
  5. 警備会社・電話会社等の類似のサービスを利用している場合は、申込みをご遠慮ください。

申し込み先

地域を担当する民生委員へお申し込みください。

民生委員が不明の場合は、高齢者いきいき課いきいき福祉担当にお問い合わせください。

高齢者見守り登録制度

任意の登録制度です。

地域での見守りや災害時の連絡等に活用します。

登録できる方

概ね70歳以上で一人暮らし又は一人暮らしと同じ状態にある方が対象です。

詳細は登録台帳の見本をご覧ください。

登録台帳の見本(PDF:778KB)

申し込み先

地域を担当する民生委員へお申し込みください。

民生委員が不明の場合は、高齢者いきいき課いきいき福祉担当にお問い合わせください。

訪問理美容サービス助成券交付

1.訪問理美容サービス助成券について(PDF:380KB)

2.協力店舗一覧(PDF:416KB)

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、現在訪問を行っていない店舗もあります。詳細は、各店舗にお問い合わせください。

3.申請書(PDF:303KB)

申し込み先

市役所本庁舎高齢者いきいき課いきいき福祉担当(8番窓口)に持参または郵送でお申し込みください。

紙おむつ支給

紙おむつの支給について(介護保険外のサービス)

声かけふれあい収集

声かけふれあい収集

福祉有償運送

福祉有償運送とは

障害者や高齢者などで公共交通機関を利用して移動することが困難な方を対象に、通院、通所、レジャーなどを目的に有償で行う移動サービスのことをいいます。

制度開始の経緯

一般的に、道路運送法の許可を得ずに有償で運送業務を行うことはできません。

しかし、高齢者、障害者等に対して、通院のための送迎などを有償で行う福祉運送が実施されている現状がありました。

そこで、厚生労働省と国土交通省との間で調整が進められ、平成16年3月に国土交通省から示されたガイドラインに基づき、一定の手続き及び条件のもとで、道路運送法にもとづく許可を取得することが可能となり、福祉有償運送が正式に誕生しました。

また、平成18年5月に道路運送法が改正され、許可制度から登録制度に変わりました。

利用対象者

利用対象者は、次に当てはまる方で、かつ、単独でタクシー等の公共交通機関を利用することが困難な方で、予め利用者として登録されている方及びその付き添い人です。

  1. 身体障害者(身体障害者福祉法第4条に規定する方)
  2. 要介護の認定を受けている方(介護保険法第19条第1項に規定する方)
  3. 要支援の認定を受けている方(介護保険法第19条第2項に規定する方)
  4. 肢体不自由、内部障害(人工血液透析を受けている場合を含む。)、知的障害、精神障害その他の障害がある方(自閉症、学習障害などの発達障害のある方も対象です。)

利用方法

福祉有償運送を利用するには、まず実施団体への会員登録が必要です。

会員登録については、各団体ごとに入会金、会費、利用料金、利用日時などに違いがありますので、詳細を各団体にお問合せください。

運営主体

福祉有償運送を実施できる団体は、市町村、NPO法人、一般社団法人又は一般財団法人、認可地縁団体、農業協同組合、消費生活協同組合、医療法人、社会福祉法人、商工会議所、商工会に限定されています。

株式会社等の営利を目的とする法人や、法人格を持たない団体や個人は運送の主体にはなれません。

【鎌倉市に登録している事業者一覧】

名称 所在地及び電話番号 料金 運送曜日及び時間 運送区域

福祉クラブ生活協同組合

(ワーカーズ・コレクティブ・らら・むーぶ・かまくら)

台5-2-3

コア北鎌倉内

0467-48-6999

  1. 運賃(走行1kmあたり150円)
  2. 迎車料金1回あたり300円
  3. 乗降介助料金1,100円
  4. 付添介助料金30分ごとに550円
  5. 時間外介助料金30分ごとに280円 

原則、

月曜日から金曜日まで

9時から17時まで

鎌倉市

特定非営利活動法人

暮らしいきいきサポートの会かながわ

大船1-14-24

0467-41-4650

  1. 運賃(普通車10分ごとに490円)
  2. 介助料金((1人対応)1,400円、(2人対応)2,400円)
  3. 貸出料(車椅子・ストレッチャー・毛布・衛生材料等)(普通車300円)

月曜日から土曜日まで(日曜・祝日・休日は休み)

鎌倉市

 

横須賀・三浦地区福祉有償市町運営協議会

運営協議会は、単一又は複数の市区町村が共同で主宰することになっています。

鎌倉市は、横須賀市、逗子市、三浦市及び葉山町と共同で「横須賀・三浦地区福祉有償市町運営協議会」を組織しており、年3回、開催しています。

運営協議会では、福祉有償運送の地域での必要性並びにこれらを行う場合の安全の確保及び旅客の利便の確保のための方策等を協議しています。

また、新たに福祉有償運送事業を始める団体は、運営協議会での協議を経たうえで、国土交通省への登録手続きを行うこととされています。

さらに、登録後も定期的な事業報告、登録内容の変更届出などを運営協議会で協議することになっています。

なお、平成28年度分以外の協議会の情報については、関連リンクからそれぞれの年度の運営協議会幹事のページをご覧ください。 

 【審議速報】

 1. 平成28年度第1回(平成28年8月2日)(ワード:37KB)

 2. 平成28年度第2回(平成28年11月21日)(ワード:38KB)

 3. 平成28年度第3回(平成29年2月6日)(ワード:39KB)

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、下記リンク先から無料ダウンロードしてください。

鎌倉市ホームページについて

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部高齢者いきいき課いきいき福祉担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3899

メール:kourei@city.kamakura.kanagawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

1:あなたの年代を教えてください

2:ご使用の端末を教えてください

3:このページは分かりやすかったですか?

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示