ここから本文です。

更新日:2021年1月18日

布類の出し方

出し方

洗って乾かし、透明・半透明の袋に入れ口をしばる。カビがはえると資源化できないため、雨の日は出さないください。

布類の対象品目を拡大しました(平成29年(2017年)10月1日から)

衣類、下着、靴下、セーター、毛布、シーツ、タオル、カーテン、ストッキング、レース、ハギレ、毛糸 などに加えて、
平成29年10月1日から布類の対象品目を拡大しました。

対象となる品目は、こちら(PDF:752KB)をご覧ください。

お店での引き取り

一部の事業者やメーカーでは、各店舗で販売した衣類を引き取り、リサイクル等を行っています。building_fashion

引き取られた衣類は、衣類製品に再生利用するマテリアルリサイクルや、化学原料へのケミカルリサイクル、または海外での支援活動に使われていますので、あわせてご活用ください。

※引き取りの対象品や条件は、それぞれのお店のホームぺージなどでご確認ください。

※引き取り後の処理は、事業者ごとに異なります。

布類の資源化

市で収集した布類については、状態が良いものは東南アジアや国内でリユース(再利用)されます。

穴が開いているもの、洗濯しても黄ばみやシミが残るもの、ハギレなどの小さい布は、工場で使うウエス(雑巾)や、再び繊維に戻して軍手や断熱用のフェルトなどにリサイクルされます。

recycle_mark

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、下記リンク先から無料ダウンロードしてください。

鎌倉市ホームページについて

お問い合わせ

所属課室:環境部ごみ減量対策課

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3396

メール:gomi@city.kamakura.kanagawa.jp

※ メールでのお問い合わせの際は、件名の入力をお願いします。

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示