ここから本文です。

更新日:2024年5月24日

深沢の公共施設整備

  • 公園の整備
  • スポーツ施設の整備

新庁舎等(新庁舎、消防本部、深沢図書館、深沢学習センター)の整備

お知らせ

最新の情報や主な更新内容をご案内します。

動画でわかる本庁舎等整備事業

新庁舎等整備と現在地利活用整備事業に関する内容を紹介する動画を作成しました。是非ご覧ください。

新庁舎の整備と市庁舎現在地の利活用に向けて

  • 【前編】市庁舎移転が必要な主な理由
    現在の本庁舎が抱える課題(災害時対応や老朽化など)とともに、市庁舎移転の必要性をお話ししています。

 

  • 【後編】移転後の市庁舎現在地は?
    市庁舎移転後の窓口機能がどうなるかなどの疑問へお答えするとともに、利活用の考え方をお話ししています。

今後も新しい動画を追加していく予定です。

現在の進捗・スケジュール

深沢につくる公共施設の実現に向けた今後の展開とこれまでの経緯をご紹介します

平成27年度(2015年度)から取り組んできた本庁舎の移転整備事業は、今後の新庁舎建設に向けた詳細な検討(基本設計等)を進めるに当たり、市民や市議会との合意形成を深め、しっかりと議論する体制を整える必要があると考えています。

そのことから、令和4年(2022年)市議会12月定例会に「鎌倉市役所の位置を定める条例の一部を改正する条例」を提案し、議論していただきましたが、12月26日開催の本会議において、否決(賛成16、反対10)という結果になり、地方自治法で規定された出席議員の3分の2の同意を得ることができませんでした。

発災時に司令塔となる本庁舎の移転整備事業は待ったなしの状況であり、市民の命や暮らしを守るために実現しなければならない事業です。今後も市民の皆様や専門家の御意見を聴きながらまとめてきたこの事業の内容をさらに広く理解していただけるよう、取り組んでまいります。

今後の展開png

鎌倉に住む方々へのご案内

これまでに実施した市民との対話やワークショップなどをご紹介と、今後実施するイベントなどもご案内します

新庁舎等(新庁舎、消防本部、深沢図書館、深沢学習センター)に関する構想・計画

深沢につくる新庁舎等の実現に向けた構想・計画などに関する情報をご案内します

有識者・公共的団体との委員会

これまで重ねてきた有識者や公共的団体による委員会とその内容などをご紹介します

FAQ

よくある質問とその回答をご紹介します

本ページに記載の内容は事業の進捗により変更となる場合があります。予めご了承ください。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、下記リンク先から無料ダウンロードしてください。

鎌倉市ホームページについて

お問い合わせ

所属課室:まちづくり計画部市街地整備課庁舎整備担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-23-3000

ファクス番号:0467-23-8700

メール:chousya-seibi@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示